AD SPACE

2013-11-02

タリバン・リーダーHakimullah Mehsudの死の後、パキスタンは厳戒態勢。

BBC Newsは、パキスタンの治安部隊は、タリバン・リーダーであったハキムラー・メスード(Hakimullah Mehsud)を金曜日に米国雄バチ攻撃(US drone strike)で殺したと考えられることに続いて、厳戒態勢に置かれたと報告した。

スポークスマンは、セキュリティ対策がすべて今、取られているとBBCに伝えた。

[AD] You can advertise on this site.

パキスタンのメディアは、メスードの葬式が北ワジリスタンのトライバル・エリア(tribal area of North Waziristan)の未知の場所で行われたと言った。

パキスタンの政府大臣は、雄バチ攻撃が闘士との和平会談を行う試みを破壊したと言った。

4基のミサイルが北ワジリスタンの北の西部地域でそれらの乗り物を攻撃した時、メスードは、彼の護衛のうちの2人を含む4人の他の人々と共に死んだ、と上級のタリバン幹部がBBCに伝えた。

タリバンの支配する会議は新しいリーダーを選ぶために土曜日に会った。

未確認情報は、サジナ(Sajna)が最高位職に選任されたと地方指揮者カーン9Khan)が言ったと述べた。

メスードと同様に、前のパキスタン・タリバン・リーダーは2009年に雄バチ攻撃で死んだ。

パキスタンも米国政府も公式に承認されてないか、あるいは攻撃でメスードの死の報告を否定した。

しかし、パキスタンの治安部隊は厳戒態勢に置かれた。

闘士は過去に他のタリバンの指揮者の殺害の後に報復攻撃を行なった。

米国大統領の国家安全保障会議のスポークスマンであるケイトリン・ヘードン(Caitlin Hayden, a spokesperson for the US president's National Security Council)は、どんな米国政府介入に関してもコメントしないか、死を確認しないだろうが、それが(真実の場合)グループのための重大なロスになると言った。

米国およびパキスタンの情報源によって出されたメスードの死のいくつかの前の要求は、虚偽であると分かった。

メスードの死に関してコメントしないで、パキスタン政府は、それが雄バチ攻撃をパキスタンの主権の妨害として強く非難したと言った。

その1日前に、飛行により、代表団はメスードと他の上級の闘士に会うために北ワジリスタンへ行った。

しかし、内務大臣チャウドリー・ニサール・アリ・カーン(Interior Minister Chaudry Nisar Ali Khan)は、攻撃が和平会談を行う政府の試みを破壊したと言った。

パキスタンの首相ナワズ・シャリフ(Pakistani Prime Minister Nawaz Sharif)は、暴力のそのキャンペーンを終了しようとするためにタリバンと話すことを誓約した。
それは国中の爆撃および射撃において、何千人も死んでいる。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE