gaYa広告

2013年11月03日

キューバは、民営映画館とゲーム・サロンをシャット・ダウン。

モバイル・マネー

BBC Newsは、キューバは、多数の私的に実行映画およびビデオゲーム・サロンの即時の閉鎖を命じましたと報告した。

政府は、彼らが認可されず、それが独立したビジネスの管理にもたらす「オーダー」を必要とした、と言った。

共産主義のキューバは、最近民間部門に対する制限を緩めた。

しかし、何人かのキューバの起業家は、内密の映画と娯楽居間を操作するためにレストランおよび他のタイプのビジネス・ライセンスを使用した。

つまり、キューバ政府が若者の発想に,付いてきていないことから、こんな問題が起こったとも言える。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

「3D室を含む映画の展示とコンピューターゲームは、個人の経済活動の種類があるものすべての中で直ちに終わるだろう・」、国営新聞Granmaの中で政府発表があったと報告している。

それは任意の違法行為に対する決定的なアクションを注意し、これが「1ステップ後方へではなかった」と付け加えて、民間部門に「訓練」をしみ込ませる決定を擁護しした。

「全く反対、私たちは、私たちの経済モデルの更新の点で明らかに進み続けるでしょう。」

ラウル・カストロ大統領(President Raul Castro)は、500万強の労働力の79%をまだ使用する状態の共産主義の島は、個人のビジネスのセット・アップ上のいくつかの経済制裁を緩めた。

彼は、女裁縫師、順序および小さなレストランのようなほぼ200の許可された活動で、「自己雇用」として小売業務をオープンにした。

しかし、何人かの居住者は、映画をビデオゲーム居間で操作するためにこれらのカテゴリーを使用した。

閉鎖は相当なコストで外国から設備を輸入して、特に3D映画で、極度に投資した企業家のキューバ人に対する巨大な打撃である、とBBCの特派員サラ・レインフォード(Sarah Rainsford)はハバナで言った。

彼女は、政府発表以来訪問しようとした多くの3D映画館が錠をおろされて、ビジネスのために閉鎖されたと付け加えた。

そこに、この弾圧が起こったという暗示があった。

キューバの文化省職員(Cuban Culture Ministry officials)は、多くがアメリカで生産されて、売り物の映画の「つまらなさ」と「軽薄」について話し、それらが革命の文化的な方針で乱れたと、彼らは不満を言った。

それにもかかわらず、BBCの特派員は、希望が、急発展のセクターが閉鎖したのではなく、規制されるということだったと付け加えた。

「映画館とゲーム室は、通りを離れて、そして、トラブルから我々を保っていました。」と若いキューバ人のミゲル(Miguel)が、NBBCの特派員に伝えた。

もう一人の若いキューバ人ヨスバニー(Yosvany)は、「今、私たちは、どこで行くことになっていますか?」
「私は、多くの人々がこの禁止に賛成しないだろうと思います。3D映画は新しくポピュラーでした。」と言った。

特派員は、個人の映画館が、他の主流映画を示すことから遠ざかって、ハリウッドと他の主流映画を上映することを避け、十分に維持されなかった国営映画劇場の代わりになったと言った。

政府統計によると、キューバの400,000人以上は自営業で、約100,000人は中小企業の従業員として働いている。

そう言えば,ハドソンが全盛だった頃、ホーム・ビデオ・ゲーム機とテレビを持って,共産圏で簡易ゲーム・センターを作ることを提案したことがあり、それぞれの国の大学生が作るゲームのコンテストを運営しようと言ったが、受け入れられなかった。

受け入れられなかったときに、データ分析による予知能力として、私にはハドソンの未来が見えた!

実際に,その考え方で,タイのチェンマイ郊外で、ホーム・ビデオ・ゲーム機とテレビの簡易ゲーム・センターを見たときうれしくなった。

そして、その考え方は,アフリカに,中南米に伝染し、次にキューバにも---つまり、映画とゲームで,キューバに「巨大な風(Huge blow)」が起こっている。

あれが受け入れられていれば、ハドソンは空中分解しないで、今も元気だっただろう。

今も,面白い企画をある会社にしているが,古い考えでは残念ながら、多分理解できないだろう。

みんな、大上段に構えて戦おうとするから失敗する。

剣道では,面、胴と同様に,小手でも1本である。

日本のモバイル・マネーの世界も同様の結果になるだろうと感じている。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト