on-the-time.jp

2013年11月03日

ドイツ、フランス、スペイン、スウェーデンも通信傍受していた!

何となく,歯切れが悪いと感じていたが、AFPは、イギリスの新聞「ガーディアン(Guardian)」が2013年11月032日、CIA(Central Intelligence Agency/米国中央情報局)の元職員エドワード・スノーデン(Edward Snowden)が持ち出した文書の内容として、ドイツ、フランス、スペイン、スウェーデンの情報機関が、イギリスのGCHQ(Government Communications Headquarters/政府通信本部)と連携して大規模な通信傍受を行っていると報じたと報告した。

NSA(National Security Agency/米国家安全保障局)と緊密な関係にあるGCHQは、各国の情報当局が情報収集活動を規制する法律を回避できるよう支援していたとされる。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

ドイツとスペインは自国民に対する通信傍受を行ったNSAを厳しく批判しているものの、今回の報道で苦しい立場に追い込まれそうである。

ガーディアンは、欧州各国の情報機関が「緩やかだが拡大しつつある」連携を通じて、光ファイバーケーブルを流れる情報を直接入手したり、通信会社との内密の関係を利用したりして情報収集を行っていると伝えた。同紙は先に、GCHQが大西洋横断光ファイバーケーブルの通信を傍受していると伝えていた。

この日ガーディアンの記事は、GCHQが欧州の連携先を国別に調べた2008年の調査で、その後まとめられたインターネット上の商用暗号の解読に関する報告を引用し、両方ともスノーデン元職員が持ち出した文書に含まれていたとしている。

これによると、GCHQは、ドイツの外国情報局BND(Bundesnachrichtendienst)について、「光ファイバー通信を傍受しており、潜在的な技術力は高く、インターネットの中枢によくアクセスできる」と評価した。またイギリス情報当局はドイツに対して通信傍受を規制する法律の改正や回避を助けていたという。

さらにスペインCNI(Centro Nacional de Inteligencia/国家情報局/National Intelligence Centre of Spain)が社名は明らかにされていないイギリス通信会社からデバイスの提供を受けていたことも明らかになった。

スノーデン元職員が持ち出した文書は米国当局による大規模な情報収集活動を暴露し、米国への反感を高める結果を招いた。同氏はロシアに一時亡命している。中国とインドネシア、マレーシアは、オーストラリア大使館を通じて米国が情報活動を行っていたとする報道について米国に説明を求めている。

ところが,みんなやっていた。

ドイツは以前,大きな話題になっていた。

オバマ大統領は大嘘つき!アンゲラ・メルケルは狸?

2011-11-30---ドイツの情報局は、何人もが元ナチの役人だった!
2008-05-31---元ドイツ・テレコムの警備主任は、長年スタッフを見張っていた。
2008-05-29---捜査官、スパイ徹底的調査でドイツの電子通信の巨人強襲!
2008-05-24---Deutsche Telekom、プライバシー違反疑惑!
2008-04-25---ドイツの外国情報機関の盗聴、さらに調査は最深部へ!
2008-04-21---ジャーナリストのメールを読むドイツのスパイが逮捕された。
2013-11-01---CIA元職員スノーデンを盗聴疑惑調査でドイツ支援の用意。
2013-10-31---話題のエドワード・スノーデン、ロシアで就職!
2013-10-31---ジョン・ケリー米国国務長官、情報収集活動で「行き過ぎ」を認めた。
2013-10-31---話題のエドワード・スノーデン、ロシアで就職!
2013-10-30---米国のスパイは、情報はどのように集められるか。
2013-10-29---ホワイトハウスは、より多くの知能制約が必要としたと言った。
2013-10-28---米国議員が居直った!ヨーロッパは、米国スパイ活動に感謝すべき!?
2013-10-28---スパイ機関は、番犬が必要!しかし、それ自体が、スパイと矛盾する。
2013-10-28---Photo Gallery:米国大使館がスパイだった!
2013-10-28---日本は、「愛しのキャロライン」がオバマに汚されるのを拒否する!
2013-10-27---オバマ大統領は大嘘つき!2002年からのメルケル盗聴を知っていた。
2013-10-26---陰謀説は、民主主義を破壊していますか?
2013-10-25---米国情報機関元トップの匿名インタビューが筒抜け!
2013-10-24---米国大使はNSA調査で、ドイツ政府に呼び出された。
2013-10-24---EUは、米国のスパイ行為で、ブリュッセル・サミットを開催。
2013-10-24---NSAの盗聴に対する世界のメディア報道。
2013-10-24---ドイツのメルケル首相は、EUサミットで信頼を回復するように米国に促した。
2013-10-24---NSAは、世界の指導者35人の携帯電話を傍受していた。
2013-10-21---米国のNSAは、フランスの民間人7000万件の通話を傍受。
2013-10-20---米国のNSAは、メキシコ大統領の電子メールを何年も覗いていた。
2013-10-17---スノーデンのリポーター、グレン・グリーンウォルドはeBayのプロジェクトに参加。
2013-10-11---スノーデンは、モスクワでサム・アダムズ賞を受賞。
2013-10-10---スノーデンの父親は、ロシアに着いた。
2013-10-09---イギリスの新聞「Guardian」は、さらに多くのスノーデンの意外な新事実を公表。
2013-10-07---ブラジルは、最新の電子のスパイ行為でカナダの大使を呼んだ。
2013-09-28---グレン・グリーンウォルドは新しいNSAの意外な新事実に取り組んでいる。
2013-09-24---ブラジルの大統領は国連総会で、米国のスパイ行為を攻撃!
2013-09-10---ブラジルのハッカー集団、NASAをNSAを間違えて攻撃!
2013-09-01---NSAは「ブラジルとメキシコをひそかに見張っていた。」
2013-08-21---デービッド・ミランダは、パスワード開示の後に「侵入された」と感じた。
2013-08-15---内部監査は、NSAが、1年当たりプライバシー規則を何千回破ったと判明。
2013-07-24---米国の逃亡者エドワード・スノーデンは、「空港を出ることを認められた。」
2013-07-19---Apple、Googleおよび他のテクノロジー大手はスパイ行為の公開を要求!
2013-07-15---「スノーデンは米国史上最大の機密情報を握っている。」
2013-07-15---元CIA逃亡者、ロシアのプーチンが中に閉じ込めた!?
2013-07-12---エドワード・スノーデンは、モスクワ空港会議のために登場した。
2013-07-11---米国の同盟国メキシコ、チリおよびブラジルが答えをひそかに調査して捜す。
2013-07-07---頑固爺のカストロは、振る舞いの悪さを理由に島人を叱った。
2013-07-06---ロシアの元美人スパイ、スノーデン容疑者に求婚!
2013-07-04---エクアドルは国家として、大使館バグの支援でイギリス国家を起訴。
2013-07-02---Wikileaks、エドワード・スノーデンは「収容先リクエストを拡大」と報告。
2013-07-01---スノーデンの漏洩で、EUが答えを求め、米国はクレームに悩む!
2013-07-01---フランスの大統領とドイツの首相は、米国に抗議!
2013-06-29---米国はEUをハッキング!
2013-06-23---米国の逃亡者エドワード・スノーデンはモスクワに到着。
2013-06-22---米国は、NSAの漏洩でエドワード・スノーデンをスパイ行為で起訴。
2013-06-17---EUと米国の史上「最大取引協定。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

gaYa広告