2013年10月30日

米国のスパイが、情報をどのように集めたか。

BBC Newsは、密告者エドワード・スノーデン(Edward Snowden)によって漏らされたドキュメントは、米国米国の同盟国を盗み聞きすることを含み、米国政府が多量監視オペレーションを世界中で試みたことを示唆した。

そのクレームは、米国の上院の情報委員会で、国の最も大きな知能組織NSA(National Security Agency/国家安全保障局)が監視を試みる方法を調査することを誓約させた。

リークによれば、スパイ機関が使用する重要な方法は何か。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

1. インターネット社内資料へのアクセス。
6月に、漏らされたドキュメントは、NSAが主な技術系企業にどのように秘密にアクセスするか明らかにした。

ファイルは、プリズム(Prism)として知られている監視プログラムの下で、オンライン・コミュニケーションを追跡するためにFacebook、Google、Microsoft、Yahooを含む、9つのインターネット会社のサーバーに機関がアクセスしたことを示した。

それらは、プロジェクトがイギリスの立ち聞きするステーションGCHQに加えたNSAに、電子メール、チャット・ログ、記憶データ、音声トラフィック、ファイル転送およびソーシャル・ネットワーキング・データへのアクセスを与えると主張した。

しかし、その会社は、彼らがサーバーが作用して、「ダイレクトアクセス」を提供したことを否定した。
ただし、フラッグを見て、不正アクセスを認可していたとしたら----?

何人かのエキスパートはさらにプリズムの実権を質問した。

デジタル・フォレンジック教授ピーター・ソメル(Digital forensics professor Peter Sommer)は、そのようなアクセスがより多いかもしれないとBBCに伝えた。

2. 光ファイバーケーブルを軽く打つ。
6月に、さらにイギリスの新聞ガーディアン(Guardian)の中で公表されたGCHQからのドキュメントを漏らした、イギリスがグローバル通信を伴い、NSA、その米国相当物とデータを共有する光ファイバーケーブルを軽く打っていることを明らかにした。

ドキュメントは、GCHQがそれに毎日6億までのコミュニケーションをモニターする能力を与えて、200本の光ファイバーケーブルにアクセスできると主張した。

申し立てによると、インターネットおよび電話使用についての情報はそれがふるいにかけられ分析されるために、30日以内は、備えて蓄えられた。

GCHQは、クレームに関してコメントすることを断わったが、法へのその従順が「綿密だった」と言った。

10月に、イタリアの週刊誌エスプレッソ(L'Espresso)は、商用・軍事のデータを遮って、GCHQとNSAがイタリアのターミナルを備えた3本の海底ケーブルをターゲットとしたというクレームを公表した。

シシリーの3本のケーブルはSeaMeWe3、SeaMeWe4およびFlag Europe-Asiaとして指定された。

3. 電話を盗み聞きすること
10月に、ドイツのメディアは、米国が10年間以上アンゲラ・メルケル独首相(German Chancellor Angela Merkel)の電話を盗聴したと報告した。
そして、その監視は単に数か月前に終了した。

再び密告者エドワード・スノーデンによって漏らされたドキュメントを引用するシュピーゲル誌(Der Spiegel magazine)は、米国が2002年以来メルケル首相の携帯電話上でスパイ行為をしていることを示唆した。

シュピーゲル誌によって引用されたドキュメントは、米国の聞くユニットがそのベルリン大使館の内部で基づくと主張した。
また、同様のオペレーションは世界中の80カ所で模写された。

調査担当のジャーナリストであるダンカン・キャンベル(Duncan Campbell)は、公式建物の外部のエリアがどんなに「ラジオ・ウィンドウ(radio windows)」でありえるか彼のブログの中で説明した。

これらの電気を通さない特別の材料で作られていた外部ウィンドウは、無線信号が通り過ぎて、収集および分析設備に内側に達することを可能にした。

シュピーゲル誌は、メルケル首相の携帯電話モニタリングの性質が漏らされたファイルから明らかではないと言った。

しかし、後の報告書は、高官電話のうちの2つがターゲットとされたと主張した。
一つは、彼女が政府仕事に、党ビジネスにも使用された暗号化されたデバイスも電話を解読した。

安全対策の専門家によれば、メッセージを作成するために使用されるプログラムと離れているソフトウェアは、それらのよじ登るシステムことができるので、標準携帯電話暗号化システムは脆弱になりえるといった。

立ち聞きする人は会話の一方の終わりにメッセージを作るソフトウェアと暗号化システムの間でそれら自身を配置し、それが掻き混ぜられる前に、あるいはそれが解読された後、情報を見ることができた。

今、多数によって採用された終端間暗号化(End-to-end encryption)はメッセージを作るソフトウェアを当てはまらせることにより、直接よじ登ることこのギャップを縮める。
さらに、これらのシステムの多くは閉じたネットワークを実行する。
したがって、メッセージは公のインターネット上に移動せず、それらが意図した受取人に連絡する場合のみ解読される。

ただし、それらの詳細を知って使っていたのであれば、使い分けることも可能だが、往々にしてセキュリティは忘れられる。

高官の電話を飛び出ることと同様に、メキシコとブラジルの大統領の電子メールおよび通話と共にドイツとフランスの市民によって行われた何百万もの通話にたいして、NSAがモニターしたクレームがある。

ガーディアンは、もう一人の米国の政府高官からそれらの数を与えられた後に、NSAが35人の世界的指導者の電話をモニターしたとその後、報告した。

再び、エドワード・スノーデンは報告書の源であった。

4. ターゲットとされたスパイ行為をすること。
シュピーゲル誌は、NSAがさらにた6月に米国とヨーロッパのEU(European Union/欧州連合)のオフィス上でひそかに調査したクレームを公表した。

その雑誌は、それがワシントンで、27メンバーのブロックのニューヨークの国連のオフィスで、EU内部コンピューター・ネットワーク上で、米国がスパイ行為をしたことを示す、エドワード・スノーデンによってドキュメントが漏らされたのを見たと述べた。

申し立てによると、ファイルは、さらにNSAが、EUの諮問委員会および欧州理事会は捜し出されたブリュッセルの建物の立ち聞きするオペレーションを導いたことを示唆した。

その後、7月に、ガーディアンは、合計38の大使館および使命がオペレーションをひそかに調査する米国の「目標」だったというさらなる漏らされたドキュメント中のクレームを公表した。

国々はターゲットとしました、アメリカの非ヨーロッパ同盟国日本、韓国およびインドと同様に、フランス、イタリアおよびギリシャを含んでいたと、新聞は言った。

ニューヨークとワシントンのEUの大使館および使命も監視の下にあると言われていた。

ファイルはメッセージを傍受するために使用される、スパイ行為をする方法の「異常な範囲」を詳述したと言われている。

それらはバグ、専門のアンテナおよび盗聴を含んでいた。

最新の情報では、IBTimes UKが2013年10月20日に、バチカン(Vatican)が盗聴され、その中には法王ベネディクトXVI(Pope Benedict XVI)と枢機卿ジョージ・マリオ・ベルゴジオ(Cardinal Jorge Mario Bergoglio)も含まれていたと報告している。

まさに、米国のスパイは、神を盗聴していた。

そう言えば、まだインターネットがなかった頃、テレグラフで日本の相撲の情報を海外で読んでいたことがあった。

2013-10-29---ホワイトハウスは、より多くの知能制約が必要としたと言った。
2013-10-28---米国議員が居直った!ヨーロッパは、米国スパイ活動に感謝すべき!?
2013-10-28---スパイ機関は、番犬が必要!しかし、それ自体が、スパイと矛盾する。
2013-10-28---Photo Gallery:米国大使館がスパイだった!
2013-10-28---日本は、「愛しのキャロライン」がオバマに汚されるのを拒否する!
2013-10-27---オバマ大統領は大嘘つき!2002年からのメルケル盗聴を知っていた。
2013-10-26---陰謀説は、民主主義を破壊していますか?
2013-10-25---米国情報機関元トップの匿名インタビューが筒抜け!
2013-10-24---米国大使はNSA調査で、ドイツ政府に呼び出された。
2013-10-24---EUは、米国のスパイ行為で、ブリュッセル・サミットを開催。
2013-10-24---NSAの盗聴に対する世界のメディア報道。
2013-10-24---ドイツのメルケル首相は、EUサミットで信頼を回復するように米国に促した。
2013-10-24---NSAは、世界の指導者35人の携帯電話を傍受していた。
2013-10-21---米国のNSAは、フランスの民間人7000万件の通話を傍受。
2013-10-20---米国のNSAは、メキシコ大統領の電子メールを何年も覗いていた。
2013-10-17---スノーデンのリポーター、グレン・グリーンウォルドはeBayのプロジェクトに参加。
2013-10-11---スノーデンは、モスクワでサム・アダムズ賞を受賞。
2013-10-10---スノーデンの父親は、ロシアに着いた。
2013-10-09---イギリスの新聞「Guardian」は、さらに多くのスノーデンの意外な新事実を公表。
2013-10-07---ブラジルは、最新の電子のスパイ行為でカナダの大使を呼んだ。
2013-09-28---グレン・グリーンウォルドは新しいNSAの意外な新事実に取り組んでいる。
2013-09-24---ブラジルの大統領は国連総会で、米国のスパイ行為を攻撃!
2013-09-10---ブラジルのハッカー集団、NASAをNSAを間違えて攻撃!
2013-09-01---NSAは「ブラジルとメキシコをひそかに見張っていた。」
2013-08-21---デービッド・ミランダは、パスワード開示の後に「侵入された」と感じた。
2013-08-15---内部監査は、NSAが、1年当たりプライバシー規則を何千回破ったと判明。
2013-07-24---米国の逃亡者エドワード・スノーデンは、「空港を出ることを認められた。」
2013-07-19---Apple、Googleおよび他のテクノロジー大手はスパイ行為の公開を要求!
2013-07-15---「スノーデンは米国史上最大の機密情報を握っている。」
2013-07-15---元CIA逃亡者、ロシアのプーチンが中に閉じ込めた!?
2013-07-12---エドワード・スノーデンは、モスクワ空港会議のために登場した。
2013-07-11---米国の同盟国メキシコ、チリおよびブラジルが答えをひそかに調査して捜す。
2013-07-07---頑固爺のカストロは、振る舞いの悪さを理由に島人を叱った。
2013-07-06---ロシアの元美人スパイ、スノーデン容疑者に求婚!
2013-07-04---エクアドルは国家として、大使館バグの支援でイギリス国家を起訴。
2013-07-02---Wikileaks、エドワード・スノーデンは「収容先リクエストを拡大」と報告。
2013-07-01---スノーデンの漏洩で、EUが答えを求め、米国はクレームに悩む!
2013-07-01---フランスの大統領とドイツの首相は、米国に抗議!
2013-06-29---米国はEUをハッキング!
2013-06-23---米国の逃亡者エドワード・スノーデンはモスクワに到着。
2013-06-22---米国は、NSAの漏洩でエドワード・スノーデンをスパイ行為で起訴。
2013-06-17---EUと米国の史上「最大取引協定。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

gaYa広告