gaYa広告

2013年01月28日

自動車信頼度調査のトップは、トヨタのレクサス。

AP通信は、コンシューマーリポーツの乗り物信頼度ランキング(Consumer Reports' vehicle reliability rankings)の上位を日本がロックし始めたと報告した。

今年の調査でトップのスポットをトヨタのレクサス(Lexus, Toyota)と、アキュラ(Acura)がとり、日本の3つのブランドは、トップ10のブランドの内、7つが日本であった。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

トップ10のブランドで、残りの3つのブランドは、アウディ(Audi)、ボルボ(Volvo)とGMCであった。

しかし、その雑誌が月曜日に、日本の貧弱な信頼度スコアのためにトップ・セラーのうちの2つ、消費者がホンダのアコードV6( Honda Accord V6)、日産のアルティマ・セダン(Nissan Altima sedans)の2014モデルを買うように勧めていないと発表した。

また、道路交通安全保険協会からの正面衝突試験を失敗したので、他の日本の2つの大黒柱トヨタ・カムリ(Toyota Camry)とトヨタRAV4(Toyota RAV4)が推奨されないと言っている。

それは販売と密着させることができる風であった。

コンシューマー・リポーツ(Consumer Reports)の推薦は、人々が特別の自動車およびトラックを買うトップ理由中に頻繁に引用される。

N.Y.ベースのコンシューマーリポーツのヨンカーズ(Yonkers, N.Y.-based Consumer Reports)は、現在のモデル年あるいは先のモデル年からの乗り物を所有する加入者に関する調査に基づいて、2014のモデル年自動車とトラックの信頼度を予言した。

今年の調査は、110万人の所有者に質問した。

情報娯楽システムに関する問題(Problems with infotainment systems)は、冷凍のタッチ・スクリーンから貧弱に音声作動ナビゲーション・システムを行なうことまで、頻繁な苦情があった。

コンシューマーリポーツの自動推進のテストする管理者ジェーク・フィッシャー(Jake Fisher, Consumer Reports' automotive testing director)は、何人かのドライバーが非常に混乱させるシステムを見つけるので、それらが使用しないという、電子問題がさらに抑えて報道されるかもしれないと言った。

ドイツの自動車は、最良の情報娯楽システムを持つ傾向があった。

2014年のスバル・フォレスター(The 2014 Subaru Forester)は予測信頼度で、トップのスコアを得た。
しかし、雑誌は、単に所有者が調査され、したがって、エラーが生じるべき時間があまりなかった2014年の春の数週間に、フォレスターが販売中であったと述べた。

スバル・レガシー(Subaru Legacy)はトップを上演できる中型車であった。

一般に見事だったのは、電気自動車(Electric cars)とハイブリッド(Hybrids)だった。しかし、フォードC-マックス・えねるぎー・プラグ-イン・ハイブリッド(Ford C-Max Energi plug-in hybrid)は最悪の信頼度スコアを得た。

フォードとその高級リンカーン・ブランド(luxury Lincoln brand)は、それらの異常の傾向のあるタッチスクリーン・ダッシュボード・システムおよび期待以下の燃費数に対する顧客苦情のためにランキングの底に近かった。

信頼度の鍵は乗り物デザイン変更への保守的なアプローチであった。

トヨタとホンダのように、それらのより新車中の先のモデルからのしばしばユース時間を信頼できるエンジン、送信および他の部分を破るブランドと、ジェーク・フィッシャーは言った。

フォードまたはキャデラックのような新車中の新しいエンジンあるいは他の試験されていない特徴を持った自動車メーカーは、より悪かった傾向がある。

「最初から最後まで自動車のデザインを変更する場合、あなたはそれらの問題を期待するつもりです。」とフィッシャーがAP通信社に伝えた。

多くのより古いモデルを備えたブランドは、さらにGMCとボルボのように、もっと上手に行う傾向があった。

Least reliable vehicles, listed in order of Ratings score starting with the worst score.(最も信頼が少なく、最悪のランキング)
1. Ford C-MAX Energi (Plug-in Hybrid)*
2. Ford Escape (1.6L Ecoboost)*
3. Mini Cooper Countryman
4. Ford C-Max Hybrid
5. Nissan Pathfinder*
6. Volkswagen Beetle
7. Cadillac XTS*
8. Ford Explorer (V6, 4WD)
9. Hyundai Genesis Coupe*
10. Ford Taurus (turbo)*

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

gaYa広告