gaYa広告

2013年10月25日

JPモーガンは、罰金をUS$51億まで値切った?

銀行

BBC Newsは、米国司法省(Department of Justice)との個別の合意がすぐに発表されると予想されると報告し、「これは未解決の抵当関連の問題を扱う重要なステップです。」とFHFAが声明で言ったと報告した。

それは米国の銀行による、今までで最も大きな罰金になった。

ただし、2013年10月250日にJPモーガン(JP Morgan)は、史上最大の罰金、US$130億を払ってもよいといっていたので、半額以下になっている。

実は、それ以上に、見落とし手続きに関する多くのお金を必要としている。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

JPモーガンはステートメントで、解決がモーゲージ証券に関係した会社に対する最も大きな事件を解決すると言った。

銀行は、2005年 -2007年に対する「JPモーガン、ベアー・スターンズ(Bear Stearns)とワシントン・ミューチュアル(Washington Mutual)からのファニーメイ(Fannie Mae)とフレディイ・マック(Freddie Mac)によって購入されたおよそUS$338億の防衛手段」に合意が関係があると付け加えました。

JPモーガンは2008年-2009年の金融危機の頂点にベアー・スターンズとワシントン・ミューチュアルを購入し、それらの取り引きの前に犯された誤りのためにそれが罰せられるべきでないと主張しようとした。

FHFA(Federal Housing Finance Agency)への合意の一部として、それが米国証券法に違反したというクレームを解決するために、銀行はファニーメイとフレディイ・マックにUS$40億を払うことになる。

それは単一家族抵当の質を誤って伝えたために、機関にさらにUS$11億を払うことになる。

ファニーメイとフレディイ・マックは米国で最も大きな抵当権者である。

それらが金融崩壊中に浮いてとどまるのを支援するために、それらは米国納税者援助でUS$1870億を受け取った。

それらはそれ以来US$1460億のローンを返却した。

米国の調整機関は、JPモーガンについて、数カ月間調査した。

銀行は、合意が会社の住宅泡災難の「より広い解決」の一部になることをが望んだと言った。
さらに、US$数10億について、米国司法省との予期された合意を了解した。

会社は、さらにUS$90億を、それが法的な問題をマウントすることに対処するのを支援するとわきに置いて、この前の四半期に、まれなロスを報告した。

JPモーガンは、合計US$230億を銀行が米国と外国で、調整機関によるその多くの調査を通じて働くのを助けるとわきに置いた。

先月、銀行は、それが2012年の「ロンドン・クジラ」取引敗退の様々な調査を終了するのを支援するためにUS$10億以上を払うことに合意した。
それに銀行はUS$60億およびその見落とし手続きに関する高くした疑問以上かかる。

JPモーガンによる、JPモーガンの格付けランキングは、どうなった?

2013-10-24---米国の銀行は年末に向けて、また大荒れ!
2013-10-20---JPモーガンは、史上最大の罰金、US$130億を払ってもよい。
2013-10-17---ゴールドマン・サックスの第3四半期収入は、20%の大下落!
2013-10-16---JPMorganは、CFTCとの合意で、悪事を認め、罰金US$1億支払う。
2013-10-03---シティグループは、公開前の企業秘密情報を投資者に配信して、罰金US$3000万。
2013-10-01---銀行Wells Fargoは、不正を解決するためFreddie MacへUS$8億6900万払う。
2013-09-17---バークレーズは誤りを犯し、少なくとも300,000人の借り手に払戻。
2013-08-18---米国政府当局は、JPモーガンと中国企業の取引を調査中。
2013-07-17---バークレーズと米国エネルギー・トレーダーに、罰金US$4億5300万。
2013-03-18---シティグループ、さらに投資者との訴訟和解金US$7億3000万で、同意。
2012-11-26---トレーダーKweku Adoboliの暴走事件で、UBSに£2,970万の罰金!
2012-11-20---UBSの賭博師トレーダー、£14億のロスの不正行為に対して有罪。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。