on-the-time.jp

2013年10月25日

奇跡の混合植物油ロレンツォ・オイル創造者オーガスト・オドネが死去した。

美容と医学の科学

BBC Newsは、元世界銀行の経済学者で、息子ロレンツォの命を救うために、医学の見解を拒絶し、「ロレンツォ・オイル(Lorenzo's Oil)」という油を開発したオーガスト・オドネ(Augusto Odone)が、彼の家族によれば、80歳で、イタリアで死去したと言ったと報告した。

オーガスト・オドネは、6歳の彼の息子ロレンツォが神経学的な疾病で、彼が生きるために残されたのが2年と診察された後、息子の治療法を発明するために自分で十分な科学を取得した。

ロレンツォは結局、30歳で死去し、医者の診断より22年間も長く生きた。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

彼を助ける戦いは、1992年のハリウッド映画「ロレンツォのオイル(Lorenzo's Oil)」の中で描写された。

ロレンツォ・オドネ(Lorenzo Odone)は、次第に若い少年の脳を破壊する神経学的な疾病副腎白質ジストロフィー(adrenoleukodystrophy)、すなわちALDと診断された。

その病気は1年以内に、危険な「長い原子連鎖の脂肪酸の強化」により、子どもが麻痺し、盲目で、話すことができないことに結びついた。

医者は、ロレンツォが幼年期に死ぬだろうと予告した。

しかし、オーガスト・オドネと彼の妻ミヒャエラ(Michaela)は、彼らの息子の医者にいる予告の受理を拒絶し、処理を見つけようとすることに彼らのエネルギーをすべて注ぐことにした。

形式上の科学的なトレーニングを受けないにもかかわらず、オーガスト・オドネは医学と生化学を勉強し、オリーブと菜種油からの酸の混合物を作り上げた。

つまり、混合植物油の威力を把握した。

オーガスト・オドネは、結局定式を蒸留するように初老のイギリスの化学者ドン・サダビー(British chemist, Don Suddaby)を説得した。
それは、「ロレンツォのオイル」として知られるようになった。

家族上でそれをテストした後に、オーガスト・オドネは劇的な結果と共に、ロレンツォに「ロレンツォのオイル」を与えた。
彼の長鎖脂肪酸(long-chain fatty acids)は正常値に落ち始めた。

ロレンツォの徴候は、発症を遅らせることに成功で、医者が予言したものをはるかに越えて彼が30歳まで生存し、その事実によって実証された。

科学研究は、ALD遺伝子を持っているが、まだ徴候のうちのどれも表していない子どもにも「ロレンツォのオイル」が、効果があることを示した。

キリスト教、ユダヤ教、モスレム、エジプトなどの古代医学を勉強すると、植物油を混合することで、もの凄い威力があることが判る。

これをオイルの錬金術として、ヨーロッパではよく知られている。

アジアに漢方薬があるように、キリスト教、ユダヤ教、モスレム、エジプトなどにも、オーガニック医療は知られている。

その代表的な薬学書として、私が片時も手放したことがない「Leonhart Fuchs著New Kreiiterbuch in welchem nit allein der gantz histori das ist namen gestalt statt und zeit der wach(略してFuchsのKreuterbuch(Kreiiterbuchは中世ドイツ語である。)と呼ばれている/英語ではThe New Herbal of 1543/フックスの薬学書)」がある。

私もこの学術から、全身ボディ・オイルを開発した。

オーガストと妻ミヒャエラ・オドネ(Michaela Odone)の話は映画「ロレンツォのオイル」の中で描かれた。
それは親として、ニック・ノルティ(Nick Nolte)とスーザン・サランドン(Susan Sarandon)が主演した。

2000年に彼の妻の死の後、オーガスト・オドネは、彼が子どもを生き残ることに近いためにアメリカからイタリアの彼の生まれたピードモンテ(Piedmont)地域へ戻った。

ピードモンテ(Piedmont)のGoogle Earthポインター情報
45° 3'8.04"N,7°30'55.52"E
または、
45.052233, 7.515422

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。