2013-10-18

世界で最も高い犬ジャイアンツ・ジョージが7歳で死んだ。

BBC Newsは2013年10月24日に、世界で最も背の高い犬はアリゾナ州ツーソン(Tucson, Arizona.)の彼のホームで7歳のときに死んだと報告した。

ジャイアンツ・ジョージ(Giant George)は、体重が17.5ストーンズ(111kg)で、彼の後脚で立つと、7フィート3インチ(2.2m)の高さに達することができた。

グレートデーンのジャイアンツ・ジョージの死に関するニュースは、公式フェースブック・ページ上で発表された。

所有者デービッド・ナセル(David Nasser)は、
「私たちがジャイアンツ・ジョージが昨夜死んだと発表することは、心が重いです。」と言った。

2013年10月18日に記入されたメッセージは、
「彼の8才の誕生日の1カ月前に、ジョージは、平穏に家族に囲まれて遠方にパスしました。」
ジャイアンツ・ジョージは、13匹の子犬のごみのちびとして生活を始めたが、次に足から肩まで43インチ(109cm)に成長した。

2010年には、彼が生きている最も高い犬と、世界で今までで最も高い犬の両方としてギネス世界記録(Guinness World Records)によって指名された。

彼は彼の最も近いライバルのカリフォルニアからのグレートデーンであるタイタン(Titan, a Great Dane from California)に、四分の三インチ勝つことによりレコードに記録された。

このタイトルは彼を、オプラ・ウィンフリー・ショー(Oprah Winfrey Show)とABCのグッドモーニング・アメリカ(ABC's Good Morning America)のスポットに出演させた。

さらに、彼は自分のWebサイト、FacebookページおよびTwitterハンドルを持っていた。

シカゴのメディア取材のために2010年の飛行機旅行で、ジャイアンツ・ジョージは、自分に3席の列を与えられた。

彼は毎月約110ポンド(50kg)の食物を食べた。

ジョージは非常に大きかったので、彼は、死ぬまで、彼は自分専用のクイーンサイズのダブルベッド眠った。