gaYa広告

2013年10月25日

古代のミイラがペルーの首都リマ郊外で見つかった。

BBC Newsは、ペルーの考古学者は、1,000歳以上であると考えられる2体のミイラが、首都リマ(Lima)の郊外で見つかったと報告した。

大人と子どものミイラは、1981年以来発掘が行われていた古代の宗教の複合体で見つかった。

その子どもは神への奉納としての生け贄だったと考えられ、大人の死の後に生きたまま埋められたかもしれない。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

研究者は、さらに他の提供物がネコのデザインを備えたモルモット(guinea pigs)とジャー(jars)の残りを含んでいるのを見つかった。

「ミイラが完全であることから、これは発掘の30年間以上で最も重要な発見のうちの1つです。」と研究者グラディス・パス(Gladys Paz)がAFP通信社に伝えた。

ミイラはうずくまっており、ロープで包まれて、完全に服を着ていた。

それは、現在のミラフローレス(Miraflores)近隣で、AD 100〜600の間で、コロンブス以前のワリ文化(pre-Columbian Wari culture)によって建造されたピラミッド状の寺院埋もれたフアカ・プクラナ墓(Huaca Pucllana tomb)の中で覆いが取られた70を超える墓の中で、3番目の完全な発見であった。

2010年には、考古学者が、4人の子どもと、2008年には女性と十代の少女の遺体(を見つけた。

サイトは、2.5ヘクタールの土地で、高さ20m(66フィート)以上タワーに建てられた。

これまでのところ、わずか約40%は発掘された。

ワリ文化はペルー北部の沿岸地区でAD 500〜1,000の間に繁栄した。

それらが書面で記録を残すようには見えなかったので、それらについてほとんど知られていない。

フアカ・プクラナ墓(Huaca Pucllana tomb)のGoogle Earthポインター情報
12° 6'37.64"S,77° 1'59.01"W
または、
-12.110456, -77.033058

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。