on-the-time.jp

2015年09月18日

コンコルドは4年以内に、再び飛ぶことができた。

観光未来

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」とイギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、コンコルドを再び飛ばすためのクラブコンコル(Club Concorde)が、超音波ブレークスルーとして、コンコルドは4年以内に再び飛ぶことができたと言っている。

イギリスのクレージー・グループは、又又飛んでも無い、飛ぶ計画を実現しようとしている。

以前から、イギリスとフランスに、コンコルドが飛ぶのを見ることを約束する飛行愛好家のグループがいると、聞いていたが、そのグループは、超音速ジェットのうちの1機を購入し、次の4年以内にそれをサービスに帰することを可能にする資金を持っていることを明らかにしたと報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

その野心的なクラブコンコル(Club Concorde)は、「フライトへのリターン」プロジェクト(“return to flight" project)のための準備に、「コンコルドについて情熱的な前機長、前用船主、および人々」希望から成るグループが出資している£12000万を使う。

クラブの代表ポール・ジェームズ(Paul James)は、「グローバルなコンコルド団体を夢見なさい。」として、コンコルドを空に戻らせることの見込みを説明した。

2000年にエール・フランス(Air France)のコンコルドがパリに砕けた後に、音速の2倍のスピードで飛ぶことができて、英国航空(British Airways)とエール・フランスの商用群団の冠している宝石であった航空機の人気がなく落ちた。

コンコルドは後にすぐ廃棄されて、2003年にその最終的な飛行をした。

今年早く出版されたクラブのWebサイトのポストで、ポール・ジェームズは「今までのどのようなコンコルド・プロジェクトへの主要な障害でも、『お金はどこであるか?』であった。」
「私達が投資者を見つけるまで私達にうんざりするほど聞こえたという問題。お金が問題ではないので、それは、私達がそれを起こらせることを手助けできる人々に終わった。」と言った。

組織は、パリのルブールジェ空港(Le Bourget airport in Paris)で、現在ディスプレイされているコンコルドを買うことを望む。もしそれが成功するなら、飛行機は、チャーターの利用可能だけでなく、航空ディスプレイで飛ばされる私的な遺産航空機としての再開操作で復元される。

目的は、コンコルドの最初のフライトの50番目の記念日と一致する2019年にフライトを再開始することである。

クラブ・コンコルドは、ロンドンとパリのコンコルドを表示する計画によって航空機を公的な意識に帰するために、2番目のプロジェクトを持っている。

ロンドンでは、コンコルドはロンドンすぐ近くのテームズ川(river Thames, near the London Eye)で、2デッキプラットフォームに加えて表示される。レストランを含むことバー、記念品店、および搭乗員プレゼンテーション・エリアで、新しい観光の名所が作られる。

イギリスの実業家は、2016年遅くまでにクラブ・コンコルドの希望が完成されるディスプレイのための£4000万の投資を提供した。

クラブ・コンコルド・プロジェクトの焦点が飛行機旅行の黄金時代のシンボルを守ることに合わせられる間、商業用の航空会社は、同時代の超音速ジェットを飛び立たせるそれらの計画について進歩している。

この8月にエアバスは、1時間でロンドンからニューヨークに行くことができた音速の4倍で飛ぶ可能性がある航空機のための特許をファイリングした。

私は、シャルル・ド・ゴール空港で、頭上を飛び立っていくコンコルドを見たことがあり、一度は飛んでみたいと思っていた。テームズ川で展示されたら、見に行きたい。

しかし、私が見たカティサーク(Cutty Sark)は燃えて消えた。

1869-11-23---カティー・サーク号が、ダンバートンを出向した。

Concorde timeline
1962: France's Geoffroy de Courcel and the UK's Julian Amery (above) sign the Anglo-French supersonic airliner treaty
1969: Brian Trubshaw makes his first flight in the British-built prototype on 9 April
1969: Concorde completes its first supersonic flight on 1 October
1976: First commercial flights take place on 21 January (BA: London to Bahrain; Air France: Paris to Rio de Janeiro)
2000: Concorde crash near Paris on 25 July kills 113 people
2001: Concorde returns to commercial service in November after £17m safety improvement programme
2003: BA and Air France announce the plane will be retired
2003: Final commercial flight on 23 October

2013-10-24---コンコルドはいつか再び飛ぶことができるか?
2012-08-15---ハイパーソニック・ジェットWaveriderは、マッハ6を目指す!
2011-12-31---極超音速飛行は現実になった。
2011-06-19---パリ―東京間を2時間半で結ぶ超音速旅客機開発中!
2006-07-25---コンコルド航空惨事を利用した「ナイジェリア詐欺」
2006-04-11---コンコルド航空惨事を利用した「ナイジェリア詐欺」がが話題になった。
2003-10-24---コンコルドの最後の民間航空フライトが行われた。
1976-05-24---音速旅客機コンコルドがワシントンDCに飛び立った。
1976-01-21---超高速旅客機コンコルドが商業運航を開始した。
1972-06-03---ソ連(当時)のツポレフ Tu-144超音速旅客機が墜落した。
1968-12-31---ソ連(当時)の超音速旅客機TU144がテスト飛行に成功した。
1869-11-23---カティー・サーク号が、ダンバートンを出向した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

gaYa広告