2013年10月17日

アップルは、低迷する販売により、iPhone 5cの製造をカット!

Cellular-Newsは、安いiPhone 5cのスマートフォンでわずかに値幅を下って移動するアップルの試みは、伝えられるところによれば、会社がより安いモデルのために製造指示をカットし、倒壊するように見えると報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

WSJ(Wall Street Journal/ウォール・ストリート・ジャーナル)は、同時に発売されたトップ層向けのiPhone 5S生産を増加させてくれるようにその最大のサプライヤーのうちの1つに依頼したと報告した。

他の情報筋としてはロイター通信社は、その年の最終の3か月にiPhone 5cのスマートフォンのための注文を縮小するだろうとアップルがメーカーに伝えたとに言ったと報告した。

報告書は、それが4分の1のまわりのカットされ。命じることを示唆した。

アップルは、プレミアム・ブランドと長く見なされている。
また、その顧客ベースを広げるその動きは長く期待された。

しかし、iPhone 5cは、最も重要なiPhone 5sスマートフォンほど著しく安くなかった。

少しの価格差は、アップルを保証マークで、多くのお金を節約する重要な下落を提示し、視覚的により安い製品を買うように顧客に説得しようと努力させておいたように見えた。

しかし、今回の結果は、iPhone発売以来。最初の大失敗かもしれない。
そして、もしiWatchも失敗すると、現在にCEOティム・クック(Tim Cook)の責任は重大になることだろう。

これに似たことは、ドイツのベンツで起こっている。
高級車で知られたベンツが、小型で大衆車を作って、評判をなくしている。
顧客は、そんなことを期待していなかった。

2013-09-23---アップルは3日間で、新しいiPhoneモデル900万を販売。
2013-09-12---アップル、新しいiPhone発表で株価暴落。
2013-08-28---次期マイクロソフトのCEOオッズで、ティム・クックは100:1。
2013-07-18---アップルの次のCEOになる方法。
2013-05-21---アップルは、米国最大の納税者で、米国最大の脱税者。
2013-04-24---アップルの利益は10年間で、初めて落ちた。
2013-02-20---アップルのチェアーマンが、スティーブ・ジョブスの後のアップルについて語る。
2013-02-12---CEOティム・クック、「アップルはハードウェア会社ではありません。」
2013-02-11---アップルが、iWatchのデザインをテスト中!?
2013-01-23---サムソンがアップルを追い抜き、ノキアは、最大の下落!
2012-10-30---ヨーロッパではじめて、iPhoneの愛が醒め、数が減った!
2012-09-28---アップルは、地図の変更による「フラストレーション」に謝罪。
2012-05-30---ティム・クックは、次のスティーブ・ジョブスではないと言った。
2012-05-29---ジョブスが死んで、11%の消費者がアップルを嫌いになった!?

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。