2013-10-18

中国からの偽薬100万錠をチューリッヒで差し押さえた。

美容と医学の科学麻薬とメディア

BBC Newsは、スイスの政府関係者が、チューリッヒ空港の税関員(Zurich airport, Swiss officials)は、通過での100万錠の偽の抗不安性錠剤(fake anti-anxiety pills)を差し押さえたと言った。

4つの木枠出荷は中国からエジプトへの途中だった、とスイスの機関Swiss Agency for Therapeutic Productsは言っている。

タブレットは、ファイザー(Pfizer)によって、厳しい心配あるいはパニック障害を扱うために製造された薬ザナックス(Xanax)の偽造バージョンであった。

テストは、薬が有効成分を含まなかったことを示したが、偽物と認めるのが非常に難しいと言っている。

不正医薬品は、重さ400kg以上だった4つの木枠に詰められた、とSwissmedicという機関が言った。

Swissmedicが、それらが破壊されていたと付け加えて、「Swissmedic研究所の分析は、薬には鋭い心配の徴候を扱うと処方される有効成分を少しも含まないことを明らかにしました」と声明で言った。

「エキスパートによれば、薬は、偽造物のように一目したところ認識可能できないでしょう。」

エジプトのような開発途上国は、偽医薬品での数十億ドルの取引きのための主力市場と考えられている。

WHO(World Health Organization/世界保健機構)は、アフリカの多くの国々、およびアジアとラテンアメリカの数箇所は、特価の薬の30%以上が偽造かもしれないエリアを持っていると言った。

偽造の薬物治療が鎮痛剤から処理まで終身脅かす条件を並べるとそれは言った。

そう言えば、制がん剤やHIVの薬の偽物も多いと言われ、これらは殺人罪に匹敵する。

このようなものは、中国から出荷前に摘発すべきである。

中国は、偽物という意識が拡大するだけである。

2013-03-12---製薬業者とインターポールは、偽薬物との戦いに支援で合意。
2012-11-14---偽の薬に対する世界的な弾圧を要求!
2012-11-12---「タミフル」のインフルエンザ効果で、医学雑誌が酷評!
2012-10-24---「Made in China」と言うブランド・イメージの改革は、可能か?
2012-10-11---タンザニアは偽HIV薬を調査中!
2012-07-01---中国で、改訂版の「生活飲料水衛生基準」施行。
2012-05-30---中国の医薬品企業ブラックリスト。
2012-05-08---中国製「人肉カプセル」薬!?
2012-05-07---中国衛生省、食品添加物38種を使用禁止の実態暴露。
2012-04-17---コカコーラの炭酸飲料2種、有毒物質残留の疑い!
2012-04-15---中国の医薬品カプセルに、重金属クロム!
2012-04-03---「日本ダイエットピル」と言う中国製に、発がん性物質!
2012-03-13---インドは制癌剤のコピーを認可!世界で薬の特許が無効になる?
2012-02-14---中国国務院、国家医薬品安全標準の引き上げへ具体計画を発表!
2012-02-02---イギリスで2番目に大きな製薬会社、さらなる7,300仕事をカット!
2012-02-02---中国政府、衛生活動重点項目を発表。
2011-12-07---中国国務院が、医薬品安全確保の「十二五」計画を採択。
2011-11-30---医薬業分野の「十二五」近く、中国政府は発表!
2011-11-30---中国の有機農産物消費、2015年に500億元!?
2011-11-30---中国医薬品市場、2015年にUS$850億と予測!
2011-11-06---中国国内の漢方薬資源調査「第4回全国漢方薬資源センサス」を実施。
2011-07-28---米国で起こっている違法医薬品との戦争!
2011-07-08---大手通販サイト「淘宝網」が、医薬品を無許可販売!
2011-03-01---新たな医薬品生産品質管理基準を適用。
2008-12-10---EU、製薬会社のオンライン広告認可!?
2008-05-26---米国の女性、病気より体重が怖い!
2007-07-26---中国食品安全規格を強化!
2005-11-08---10日間で、髪が抜けてしまったアフガニスタンの美人達。