2013-10-18

中国メディアが、ヨーロッパの大気汚染を報道。

美容と医学の科学

中国の国営テレビ局中国中央電視台(CCTV)は、WHO(World Health Organization/世界保健機構)は、都市スモッグで喉が詰まる多くの人々が長い間、何を疑ったか確認し、大気汚染は肺癌の主要原因であったと報告した。

このニュースは、その問題は多くの場合鋭い新興市場国中で何十億もの人々に警報を発すると言っている。

しかし、今週、報告書と同時に、発表はさらに、ヨーロッパ人が毎年400,000人が、大気汚染のために死んでいることを明らかにした。

CCTVのジャック・バートンは、ブリュッセルからのこの報告をした。

WHOの癌調査部門は、数年間の調査および何千もの学術論文の後、証拠が今確実であると言った。

IARCのモノグラフ・セクション代理のヘッドの医者ディナ・ルーミス(doctor Dna Loomis, Deputy Head of Monograph Section, IARC)は「屋外大気汚染は人間に発癌性があります。それはこれをIARCに、最初の発癌物質とグループ化する。」
言った。

危険の点では、大気汚染は今、石綿、タバコおよび放射線UVと並べた。

それは引き続き新興市場国中の大問題である。

しかし、新しい報告書は、それは大気汚染を根絶する困難な努力を誇るEUでさえ殺人者であることを示した。

欧州環境団体事務所のポリシー・オフィサーであるルィーズ・ドゥプレツ(Louise Duprez, Policy Officer of European Environmental Bureau)は、「およそ400,000人が、毎年大気汚染によりヨーロッパで死にます。また、これは、余分な薬物治療、入院および仕事日の点から、何百万ものお金を失われた。」と言った。

報告書は、さらにヨーロッパの都市居住者の90%を調査し、国際基準によって危険であると考えられるレベルにさらされていた。

ブリュッセルのジャック・バートン(Jack Barton from Brussels)は「ヨーロッパの環境局(European Environmental Agency)は、それが都市だけでなく大気汚染の有意水準があるいくつかの田園地帯であると言います。」と伝えた。

「主な原動力は輸送、自動車、およびバスおよびトラックです。明らかに、私たちは、化石燃料の燃焼をしています。また、これは産業とエネルギー・システムにある場合があります。さらに、私たちは農業を持っています。」
ヨーロッパの環境局の役員ハンス・ブリュイニンチェク(Hans Bruyninckx, Executive Director of European Environmental Agency)は言った。

排出をカットするstr enuousな努力の数十年間後に、ヨーロッパの問題は挑戦を他のところで強調した。

「大気汚染は、恐らくこの問題の中で、アフリカおよびラテンアメリカで、アジアでさらに多い。」とハヨーロッパの環境局の役員ハンス・ブリュイニンチェクが言った。

2010年にWHOの評価は、大気汚染の肺癌死を世界的に220,000人だったと関連づけた。

構成はインドおよび世界のほとんどの汚染された都市を持っているとして中国をリストした。
しかし、環境担当職員は、新しい報告書がちょうど地球中のより大変な縮小努力に結びつくことを望んだ。

中国の風下である日本や韓国は、最悪である。

2013-08-18---未来の都市。あなたはスマート・シティに住みたいですか?
2013-07-09---中国北部の無料石炭政策は、平均寿命をカット!風下の日本へ,殺人攻撃!
2013-06-19---中国の国務院、大気汚染防止10大措置を発表。
2013-04-02---ヒューストンの住民は、最新のスモッグ・データiPhone Appを得た。
2013-02-22---日本製空気清浄機 中国で販売急増中!しかし、高価で「暴利」と不満も---。
2013-02-16---中国人ビジネスマンは、汚染した川で泳ぐことを職員に挑ませた!
2013-02-06---自動車の排気ガスは、出生時に赤ちゃん体重を低下させる。
2013-02-04---癌に取り組むこと、あなたが知る必要なこと!
2013-02-04---北京の汚物市内の汚染源200企業を年内閉鎖。
2013-02-01---有害濃霧の原因となる中国の自動車排ガス。原因は国家基準低さ?
2013-01-31---中国の「鼻毛地図(hairynose map)」
2013-01-14---Oh, my God!これが、北京スタイル(Beijing STYLE)!?
2013-01-13---北京、スモッグ・チャートが限界を超え、移住者に警告!
2013-01-12---北京の大気汚染が急上昇し、猛毒で覆われた!
2012-10-10---米国の研究者は大衆のレベルに炭素放射を写像。
2012-01-21---北京が大気汚染データを発表し始めた。
2012-01-12---健康と食糧安全の利点を変更できる気象環境。
2011-12-05---中国の首都が濃厚なスモッグで、北京空港が何100フライト中止!
2011-11-15---中国の電力不足深刻、電気料金引き上げ不可避か!?
2011-09-26---デリー・メトロは、国連からのカーボン・クレジットを得た。
2011-09-21---中国が適用する火力発電所の排出新基準。
2008-09-23---買い手にとって、重要な環境優しい車(EnviroFriendly Cars)。
2008-08-05---フランダースの研究所、北京の大気汚染モデル開発!
2008-05-07---航空サービスと環境問題
2007-12-27---だれが、無責任な自動車の放出を規制すべきか!
2006-11-13---2025年までに米国で25%の電気や自動車を再生可能資源燃料に置換。
1971-10-03---日本初のノーカー・デーが実施された。
1970-09-22---大気汚染防止法「マスキー法案」が上院で可決された。
1967-09-01---「四日市ぜんそく」訴訟を起こした。
1962-05-23---公害白書が初めて発表された。

北京の米国大使館のGoogle Earthポインター情報
39°57'14.22"N,116°27'55.29"E
または、
39.953950, 116.465358