2013年10月15日

MCXはモバイル・コマース成功に重大な商人を要求。

Mobile World Liveは、ウォルマート(Wal-Mart)、セブンイレブン(7-Eleven)およびベスト・バイ(Best Buy)のような後援者と、小売り業者主導のモバイル財布イニシアチブ(mobile wallet initiative)であるMCX(Merchant Customer Exchange)からの取締役ドッド・ロバーツ(Dodd Roberts)は、商人コミュニティーがモバイル・ペイメントを成功させることがなぜ重大かについて概説したと報告した。

ドッド・ロバーツは、モバイル・ペイメントの理解力を制限する主要問題が、大多数の消費者はそれに気づいていないということであると言った。
「私たちは何人かのかなり大きな商人がいます。そして、彼らが言うものは誰も私が携帯電話によってあなたと取引したいと言うために彼らのドアをたたきつけているということでほとんどで、ほとんど間違いありません。」
ドッド・ロバーツによれば、理由は、消費者と商人のためのやむにやまれぬ価値命題は、プライバシーとセキュリティ上の問題の不足、商人との約束の不足であると指摘している。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

ドッド・ロバーツは、「商人が企業戦略の一部としてモバイル・ソリューションを持つ場合、それは、違いの世界を作り[比較された]何かを受け入れるとき、しかし実際に従事しない商人にすることになる。」と、ロバーツは説明しました。

「商人は、消費者がそれらでどのようにして従事したいか、適切な提示に消費者へのその事を供給する方法を知っているものか知っています。」と彼が付け加えた。

ドッド・ロバーツによれば、さらに、モバイル決済の真実の使用法は、より大きな商人ブランドと同様に技術を使用することを「角のまわりの店」に要求する。

また、商人は押し上げた顧客との約束まで歩んでいなければならないが、ロバーツはそれがQRコードを使用し、クラウドの中にデータを保持するとともに、MCXによって開発されたペイメント技術がセキュリティ上の問題をアドレスすることができると言った。

ドッド・ロバーツは、さらにMCXが、それが保持するデータを貨幣に鋳造しないだろうということを強調した。
「MCXは、データを持ったよい奴であることを計画します。」
MCXのモバイル・ペイメント技術は、毎週4億の顧客タッチ・ポイントと共に、90,000店によって使用され、7億のペイメント・ロイヤリティ・アカウントを包含している。

ドッド・ロバーツは、さらにイニシアチブの現在の名前より「セクシーなブランド」と共に、すぐに新しい消費者に面するアプリを始めることをMCXが計画していると言った。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。