gaYa広告

2013年10月13日

中国の観光客はパリで、大量の1ユーロのコインにより拘留された。

BBC Newsは2013年10月14日に、中国人の2人の観光客が、1ユーロのコインで宿賃を支払おうとした後に偽造の容疑でフランスのパリで簡潔に拘留されたと報告した。

パリのホテル所有者が2人を怪しいと思った後、警察はそれらの部屋まで呼ばれた。
部屋では、3,700枚の1ユーロのコインが見つけられた。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

しかし、コインは偽造ではなかった。

その人たちは、中国の廃品置き場ディーラーで、彼らはヨーロッパから送られた自動車に忘れられたユーロをしばしば見つけ、彼らがそのお金を得たと言った。

2人の観光客が2日の夜に70ユーロの宿賃を払おうと再びした後、東パリのBagnoletの中のホテル所有者は、前日行ったように警察が呼ばれた。

フランスの新聞ル・パリジャン(Le Parisien)は2013年10月13日に、「捜査官は、彼らが鍛造された通貨で、対処していたのではないかと考えた。」と言っている。

しかし、銀行業務エキスパートはコインをチェックし、それらが偽物ではないことを確認した。

識別されていない2人の中国人には、くず金貿易の中に友達がいて、それらからコインを買ったことはその後確証された。

何千ものヨーロッパの中古自動車が毎年、中国へ送られている。

それらは、倒壊の前に探索される。
また、内側に残された最も一般的な貴重品が1ユーロのコインであるように見えたと言っている。

中国から来るイメージが先行したのかもしれない。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。