2013-10-14

マラウイでは、携帯電話より、ドラムとブブゼラが有用。

BBC Newsは、マラウイ(Malawi)のコミュニティーは災害が起こった場合に、現代の携帯電話やラジオの代わりに、従来のドラムあるいはブブゼラで通信することを好むように見えると報告した。

伝えられるところによれば、「通常、携帯電話さえが効率的ではないので、私たちはこれらの従来の手段を使用する。」地方の代表で、政府高官クダミベ・カランボ(Ndamiwe Kalambo)は、大災害に対処する手段について議論する会合で、洪水または干ばつについて伝えた。

彼は、最も遠隔の場所さえも携帯電話にアクセスしている一方、「ほとんどのエリアでは、ここに、私たちはよいネットワーク報道を持っていません。また、会議オフィスへ警告メッセージをさらに送ることは容易ではありません。」と言ったと、通信社マナ・オンラインは報告書した。

その報告は、会合は開催されたクルプラ(Kilupula)の洪水で、コミュニティーに警告メッセージを送るか、支援を要求することために「口頭でメッセージを叫んで、ドラムを打って、ホイッスルまたはブブゼラを吹いてください。」と述べた。

それは、そのうちに通じるメッセージの機会を増加させるために、登録の投票についての情報と同じ方法で、SMSによって全コミュニティーに政府警報が送られるべきと、クダミベ・カランボをを引用して、話している。

彼は、「いくつかの世帯がラジオを持っていないかもしれないし、携帯電話見つけることがまれである。」と言ったと伝えられた。

1984年以来、マラウイは29回の洪水、3回の地震および7回の干ばつによって攻撃された。

マラウイ(Malawi)のGoogle Earthポインター情報
13°15'13.37"S, 34°18'3.53"E
または、
-13.253714, 34.300981