2013-10-14

なぜ世界の技術大手は、アフリカで投資しているのか?

モバイル・マネー

BBC Newsは、なぜメディアは悪いことが起こる場合に、アフリカについて話すように見えるか?

しかし、実際は大陸の外側のメディアは悪いことが起こるかしばしば気づいただけのように見えた。

それは恐らく公平なポイントであった。

それは肯定的な物語が報告されないと言わないことであった。
また、世界中の人は見ると思うことは戦争、飢きんおよび悪疫であった。

実際、アフリカは世界銀行によれば、2013年のために予言された5.6%の成長と共に、急激に景気づいている。
大陸で最も貧弱なものまでこれがまだ滴っていないことを研究は示唆した。

サハラ以南のアフリカの中流階級は急速に拡大している。

携帯電話、インターネットへのより大きなアクセス、および教育へのアクセスの増加の外見は止められない成長で、変更が起こっている。
また、より多くの人々が、費やすべき、より多くの可処分所得がある。

したがって、大きな技術系企業がアフリカに投資しているのは驚きではない。

しかし、これは一部始終でおこっているのか。

それは、慈善あるいはそれらの競争者の前で地面に加わる望みによって動かされているのか?

あるいは、アフリカは他の機会を提示したか?

そこでBBCのレポーターは、なぜそれらが大陸で投資していたかについて、3つのテクノロジー大手に取材した。

IBMは、10月末日での公式就任式祝賀出来事と共に、ナイロビで研究施設を開くことにより大陸への既存の投資を支持した。

IBMによれば、これは、両方とも適用されて行う最初の研究施設および大陸上の探索的調査であった。

IBMリサーチ・アフリカの管理者カマル・バッタチャリヤ博士(Dr Kamal Bhattacharya, the director of IBM Research - Africa)は「重要なものis…アフリカの大きな成長話。は言う。

彼の同僚研究所の主任研究員ウイ・スチュアート博士(His colleague, Dr Uyi Stewart, is chief scientist)「私たちは、金融包含が大きな挑戦であることを知っています。人口の約80%は金融サービスにアクセスしません。エネルギー、安全な水、衛生、食糧安全保障へのアクセスの不足があります。」
「科学者として、私たちは、科学技術がニーズを示すイネブラーであると信じます。それはあなた自身の将来を形作るイネブラーです。」
「また、このため、IBMはケニアから始めて、アフリカへこの非常に重要な投資を行っています。私たちは、世界中からトップの才能のうちのいくらかを雇いました、アフリカの伝播、アフリカの起源の人々(さらにアフリカの成長に寄与する人々)および私たちは、すべてそれらをここにもたらします。」¥
「私たちは、アフリカの地面上で、アフリカの壮大な挑戦を解決するアフリカの研究を行わなければならず、このため、私たちがこの投資をセット・アップし、行った、と信じます。」と言っている。

もとは、ナイジェリアから、役割はニューヨークでほぼ10年後に大陸へ彼と彼の家族を連れて来た。

「人々は私たちに尋ねます。ニューヨークからのアフリカの研究を行うことができますか。」
はいできる。

それは可能である。
いかなる場所からも研究することができる。

「しかし、マークを逃す、値を捕らえて、かつ人々の生命を密着させる商業ベースにのった製品に結びつく革新を伝えるために、私たちは、ローカルの生態系の中に、ここにいなければなりません。」と言っている。

マイクロソフト(Microsoft)の4Afrikaイニシアチブを率いるフェルナンド・デ・スーザ(Fernando de Sousa heads Microsoft's 4Afrika initiative)は、技術へのアクセスを増加させて、現地社員の中のスキルを構築する。
それは有望なイノベーションに注目している。

区分は、トレーニングへのアクセス、田園地帯、インフラストラクチャー、農業およびヘルスケア・プロジェクトのブロードバンドの初公開、さらにそれらはWindows phone platform用アプリケーションを作成する若い開発者を育成するように設計されたハブとしてのアプリ工場を含む大陸全体のプロジェクトを支持している。

これらのプロジェクトの構築にはフェルナンド・デ・スーザのための非常に個人的な反響があった。
この人はモザンビークで生まれて、内戦の発生の後に子どもとして南アフリカの難民キャンプで結局時間を過ごした。

「私たちは、若い人々への焦点上で望む。」と言った。

私たちはスキルに注目したい。
私たちは中小企業に注目したい。
私たちは技術へのアクセスに注目したい。

「ケニアを連れて行こう。したがって、私たちはマサイ・マラの村でテレビ余白で始めます。」
「それは国策会話へ今発展しました。ケニヤッタ大統領は、彼が1つの[接続された]2013年9月までに、130万人の学生が持つことを望むと言いました。また、彼は私たちが何を行っているか確かめに行くためにマサイ・マラに旅行した。」
「それはちょうどネットワークに関係していません。それはちょうどPCに関係していません。それは終了経済的影響に関係しています。それはスキルに関係しています。[今]私たちは、形式的に私たちがテレビ余白技術をインプリメントするリクエストを提出した11か国を持っています。」と言っている。

しかし、フェルナンド・デ・スーザはイニシアチブの後ろの動機づけに関して明らかにした。

「全くマイクロソフト4Afrikaと関係がないマイクロソフトの企業社会投資部分があります。また、私は、それは確立したプロセスであると思います。私たちは、そのスペースの多くの寄付金を行います。」
「これは地面上にあり巨大な消費者を作っているに関係しています。私たちの目的が経済発展を可能にしているという事実に関して討論はありません。」
「その開発用のイネブラーとして技術の値を証明する際に、それは技術の作成する消費(だけでなく)だがそれです。より重要なことには、実際にアフリカで構築される技術のために、知識が開発されているべき能力を作成しています。」
「IT産業を運転するIT生態系を実際に運転するので、それは技術を適切にします。」と言っている。

カスタマー・リレーションシップ・マネジメントおよびサービス技術大手のSalesforce.com財団の国際的な管理者イサベル・ケリー(Isabel Kelly is the international director of the Salesforce.com Foundation, the philanthropic arm of the customer relationship management and services technology giant.)は、11年前にキャンペーンするグループであったアムネスティ・インターナショナル(Amnesty International)から会社に入社した。

基礎は、非利益に許可されるSalesforce.comソフトウェア(および志願している職員へのアクセスで、会社からの初期投資額で、始められた。

基礎のアフリカで最初のプロジェクトは従業員の提案であった。
この人はナイロビのKibagareスラム街の学校で志願していた兄弟を持っていた。

「私たちはそれらにある改装されたハードウェアを与えました。私たちはそれらがインターネットを得るために払いました。」とイサベル・ケリーが言った。

「したがって、学校は、技術へのちょっとした焦点を呈しました。私たちは10年にわたって、学校を通って約40人の少女を支持しました。」

特に困難な背景からの支持された生徒のうちの1人は、次にケニアの真実、公正および和解委員会のために働く弁護士になる。

顧客はGrameen財団を含み、財団は、ナイロビのiHubおよびmLabのような場所に(みます)それが作動するより大きなNGO、およびさらに販売力プラットフォームを使用する方法中の資金トレーニングから、それ自身のレベニュー・ストリームおよび操業開始のワークショップを持っている。

その間に、多数の社会的企業が、組織に動力を供給するために販売力テクノロジーを使用している、Juhudi Kilimoのようにマイクロ金融の社会的企業、ケニアの小さく田舎の農民に注目すること、また組織Honeycareは、それは農民を助け、蜜で生産を甘くすることを実行している。

いろいろ言っているが、ボーダフォンの100%子会社Safaricomが実施して、大成功しているm-Pesaを無視することはできない。

さらに、米国で初めて黒人大統領になったオバマを忘れることもできない。

2013-10-09---ボーダフォンは、少数のインドの株主から株を買い取る努力に注視。
2013-10-08---ボーダフォンはブラジルをパスして、インドに集中。
2013-10-03---将来の米国人の平均的な顔。
2013-09-23---ボーダフォン・インドは将来マネージャーを大学に求める。
2013-09-15---ボーダフォンは、インドをターゲットにした!
2013-09-03---ボーダフォンはVZW取り引きの後、£30億を4Gに費やす。
2013-09-01---ボーダフォンとベライゾンはUS$1300億で、VZW取り引きに合意。
2013-08-29---ボーダフォンはベライゾン・ワイヤレスの全株式売却を計画。
2013-08-22---ボーダフォンは、m-Pesaをエジプト、ルーマニアで始める。
2013-08-21---ケニアのSafaricomは、自宅の賃貸料をm-Pesaで支払えるようにした。http://timesofindia.indiatimes.com/photo/20725055.cms
2013-08-07---Consult Hyperionは、モバイル・マネーでm-Pesaに参加。
2013-07-24---インドの最大の銀行は、モバイル・ペイメント取り引きを発表。
2013-07-16---ケニア電力のプリペイド電気ユーザーは、m-Pesaに集結。
2013-06-24---ケニアのSafaricomは、モバイル・マネーを会社ターゲットにプッシュ!
2013-05-23---ケニアで、賃金をモバイル・アカウントに直接支払う実験を実施。
2013-05-21---ボーダフォンは販売が落ちるとともに、ヨーロッパの混乱で打たれた。
2013-04-21---ケニアのモバイル・マネー預金、ケニア最大の銀行を追い抜いた。
2013-02-19---Safaricomはモバイル・マネー・エージェンシーに信用貸しを提示。
2013-04-17---モバイル・マネー・サービスm-Pesa、インドに上陸。
2013-02-13---ビザは、銀行のない金銭プラットフォームを始めた。
2013-02-03---Safaricomは、政府税により、一部サービス料金を上げた。
2012-11-27---m-Pesaは、小口金融M-Shwariの提示を始めた!
2012-11-08---ボーダフォンはインドでm-Pesaモバイル・バンキング・サービスを開始。
2012-10-23---m-Pesaで、より多くの国際通貨トランスファー・ルートをオープン。!
2012-10-11---技術ブームはどれだけ、ケニアを変革できるか。
2012-07-16---ボーダフォンはベライゾン・ワイヤレスからUS$45億の支払いを期待!
2012-03-19---ケニアのテクノロジー成長を基礎にした「シリコン・サヴァナ(Silicon Savannah)」計画。
2012-03-01---ケニアのSafaricomは、小口モバイル・バンキング取引費値下げ
2012-02-22---ビザとMonitiseは、インドの銀行へモバイル・バンキング・サービスを提供。
2011-07-29---ボーダフォンがベライゾンから、風で落ちた果物US$45億を受け取る!
2010-11-24---インドでのモバイル・マネー振替候補の銀行間体系セットを完成。
2010-09-19---ボーダフォンとベライゾンの配当支払い「秘密の会談」
2010-09-08---ボーダフォンは、中国モバイルを売却し、US$65億を手に入れた。
2010-08-29---イギリスのボーダフォンが、チャイナ・モバイルの株式を売却。
2010-07-25---ボーダフォン、少数株の処分を熟考中!