gaYa広告

2013年10月15日

車椅子に乗った北京空港爆発犯が投獄された。

BBC Newsは、北京国際空港(Beijing International Airport)で起爆装置を爆発させた車椅子に乗った犯人は、懲役6年と判決されたと報告した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

椅子に乗った、山東省中部から34歳の冀中星(Ji Zhongxing)は、負傷し、病院へ連れて行かれたが、誰も2013年7月20日の爆発で死ななかった。

彼は、2005年に地方債代理人によって打たれた後に、麻痺し、車椅子を利用していると言った。

北京国際空港での爆発は彼の注意を引く明白な事件の試みであった。

北京朝陽地方裁判所(Beijing Chaoyang District Court)のマイクロブログ上で発表されした。

9月の裁判で、冀中星は、彼が手製の装置を爆発させるつもりであり、彼がその行動を後悔した、と言った。

冀中星は、多数によって最も社会から疎外された社会人の代表と見なされて、その事件は公の同情の口火を切った。

2005年に、冀中星は、中国南部の広東省で、東莞の数人の警備員からの鞭打ちにより引き起こされた怪我で、彼の脚麻痺したと言った上で、権威に請願していた。

彼の弁護士によれば、冀中星は、権威に対する彼の苦情が扱われていないので不幸であったと言った。

「冀中星は、苦情を言う正常な方法をすべて使用しました。しかし、これは解決されませんでした。」と刘晓原(Liu Xiaoyuan)が9月にBBCに伝えた。

2013-07-20---北京国際空港が爆破された!

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。