AD SPACE

2013-10-15

ソフトバンクとGungHoは、SupercellにUS$15億を投資。

Mobile World Liveは、バイル・ゲーム会社Supercellは、ソフトバンクとGungHoからUS$15億の「戦略的投資(strategic investment)」を受け取った。

「最初の本当にモバイルのゲームであることへの私たちのゴールへSupercellを加速する。また会社は、そこに着く時間を、私たちに十分に与える。」と言ったと報告した。

SoftBankは80%の現金を提供し、GungHoは20%を寄与する。

それらはフィンランドで登記されたSupercellの会社によって51%の株式を得る。

[AD] You can advertise on this site.

「私たちのオペレーションはフィンランドで残ります。私たちの経営チームはフィンランドとサンフランシスコで残ります。また、私たちはフィンランドで税を納付し続けます。」と言っている。

Supercellの「Clash of the Clans」は、アジアでの成功により、アップルのApp Storeでトップの総収益を上げるレギュラーである。

SupercellのCEOであるIlkka Paananenはブログ・ポストで、その最も大きな大望のその1つは「最初の本当にグローバル・ゲームになるため、それには会社と人の両方で、西洋と日本を含んで、韓国および中国の東洋で強い足場を作ることである。」言った。

彼は、ソフトバンクとの取り引きが「私たちに地球の至る所の何億もの新しい顧客に私たちのゲームを配達するのを助ける戦略の資源の大規模な選択を提供し、」その新しい投資者が「長期に関するすべてである。」と述べた。

取り引き後も「次のレベルに、GungHoを備えた既存の共同作業を持っていく。」と言われている。

投資のサイズを示して、Paananenは、「会社の誰はでも上側に参加し、投資から売り上げの一部を受け取るだろう。」と言った。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.