on-the-time.jp

2013年10月15日

リベリアの元大統領チャールズ・テーラーは、イギリスへ移された。

性とメディア

BBC Newsは、戦争犯罪のために、50年の実刑判決を言い渡された、前リベリア大統領チャールズ・テーラー(Ex-Liberian President Charles Taylor)は、刑期を努めるためにイギリスに着いたと報告した。

彼は、ルワンダでの裁判に代わりにハーグで、国連支持の特別法廷に依頼した。

テーラーは、11:00 BST(10:00 GMT)に彼の飛行機が着陸した後に、イギリス刑務所サービス代行に引き渡された。

判決は、その内戦の間にシエラレオネで残虐行為を犯した反逆者の援助のために2012年5月に彼へ下された。

65歳の前大統領は、SCSL(UN-backed Special Court for Sierra Leone/国連支持のシエラレオネ特別裁判所)によって有罪と判決された。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

しかし、それが西アフリカで更新された不安の口火を切った場合、彼の裁判はハーグで開かれた。
オランダは、彼が他のところに拘束されるなら、ということで裁判を主催することに単に合意した。

ステートメントでSCSLは、テーラーが「ス特別裁判所拘留と治安当局が伴った」と言い、火曜の朝にチャーター便でオランダを去ったと言った。

彼は、2006年3月26日の逮捕以来拘留中で貢献した時を帰されるだろう、とそのステートメントが言った。

先月、テーラーの訴えは法廷と共に、拒絶され、彼の罪の規定は疑問を越えて証明された。

彼は、1991年-2002年ので約50,000人が死んだ内戦中にテロリズム、レイプ、殺人、および近隣のシエラレオネの反乱軍による子供の兵士の使用を含む、11の罪で有罪と判決された。

元リベリア人リーダーは、いわゆる流血のダイヤと交換に、RUF(Revolutionary United Front革命統一戦線)の反逆者に武器を供給したと分かった。

反逆者は、人口を脅迫するために民間人の四肢を叩き切ることで悪名高かった。

テーラーは、彼が無罪であることを常に要求した。
また、反逆者との彼のただ一つの接触は、戦いをやめるようにそれらに促すことだったと言っている。

彼は、第二次世界大戦以来、国際的な戦犯裁判所によって有罪と判決された最初の元国家元首になった。

2013-09-26---国際的戦犯裁判所は、リベリアのテーラーに懲役50年を支持!
2012-05-30---リベリア前リーダーのチャールズ・テーラーへの判決懲役50年。
2012-05-04---ネガティブ・レポートは、アフリカを傷つけるか。
2011-11-02---「死の商人」と呼ばれた元ソ連空軍将校ビクター・バウト。
2010-08-18---赤いダイヤは、マンデラ・チャリティー受託者を辞任に追い込んだ!
2010-08-09---ナオミ・キャンベルのハーグ証言は、厳しい審査に直面。
2010-07-10---チャールズ・テイラーの裁判で証言するナオミ・キャンベル。
2007-07-17---チョコレートで武器取引を開始した西アフリカ!
2007-02-12---米国の世紀に渡る「ラジオ放送」の歴史をMP3で聞く!
2006-03-29---リベリアの元大統領チャールズ・テイラーが逮捕された。
2004-11-17---愛は赤、死はブルー。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告