gaYa広告

2013年10月11日

スノーデンは、モスクワでサム・アダムズ賞を受賞。

RT(Russia Today)は、NSA密告者エドワード・スノーデン(Edward Snowden)は、ロシアで亡命を受け入れて以来、初めてビデオに登場し、WikiLeaksによって提供される映画フィルムは、サム・アダム協会インテリジェンスのインテグリティー賞(Sam Adams Associates for Integrity in Intelligence awards)セレモニーの式に出席したときの映像であった。

会議のビデオでは、元CIAアナリストであるレイ・マクガバン(former CIA analyst Ray McGovern)、前NSA代表取締役トマス・アンドリュース・ドレーク(former NSA executive Thomas Andrews Drake)、元FBI捜査官コーレーン・ローリー(former FBI agent Coleen Rowley)、政府アカウンタビリティー・プロジェクトのジェセリン・ラダック(Jesselyn Radack of the Government Accountability Project)と、彼ら自身の敬意のすべての告発者ウィキリークスのサラ・ハリソン(Sarah Harrison of WikiLeaks)が参加した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

最初のビデオ外観で彼が、ロシアで収容所を与えられたので、スノーデンは、米国政府の透明性、およびNSAで密かに多量を調査するプログラムによって引き起こされた民主主義にとっての危険に関して話した。

「これは特別のプログラムのどんな種類にも関係していません。これは、アメリカの管理と管理されたものの関係における傾向に関係しています。」と、スノーデンは、米国政府の透明状況に関する談話で言った。

「それは、ますます自由で民主主義の民族として私たちが期待するものと矛盾しています。政策および政府のプログラムを理解することができなければ、私たちはそれらを規制する際に同意を与えることができません。」
「非常に利口な誰かが最近言うように、私たちは、米国で持っている見落とし問題を持っていません。私たちは、過小視力問題を持っています。」
その問題は、幹部、司法省、それが高官を起訴したくないこと、議会およびカメラ上の国に嘘をついた、アメリカ人が持っているポイントまで成長しました。しかしそれらは何でも止まらない。誰かを起訴するために、彼らに真実を伝えた。」と、スノーデンは付け加えた。

スノーデンは、多量監視が安全性を全く高めないと地球中の人々が理解し始めているという充足を示した。

「世界中の人々は、これらのプログラムが私たちをより安全にしないことを理解しています。それらは私たちの経済を傷つけます。それらは、制限する我が国を傷つけます。話し考えて、かつ生きる私たちの能力、また自由に関連させるために関係を持っているために創造的である。」

そして、NSA漏洩者が、保安と独裁者多数監視を増やすことを目的とする監視プログラムの巨大な違いがあります。と付け加えた。

「法的なプログラム間に長い距離があります。それが目標とされたところで、正当なスパイ行為をし、正当な法の執行、それは、合理的な疑い、個別的に取り扱われた疑いおよび保証された行為に基づきます。また、必要でない場合さえ、一種の地引き網は全人口をすべてが目に見える一種の目の下に置く監視を集中させます。」

式がモスクワで起こったことは知られているが、正確な場所はセキュリティ理由でミステリーのままであった。

RTのジュリアン。アサンジ(RT Julian Assange)との独占インタビューの中で、エドワード・スノーデンがロシアにおいて安全であると言った、しかし、彼を助けて、彼の漏れを公表したジャーナリストの運命は現在、WikiLeaksに対するより多くの懸念がある。

スノーデンは、4人の密告者との会合の後に、スノーデンについてのそれらの考えを共有し、かつそれらの話を話すために、すべては、RTの中で会合した。

スノーデンについて、
ジェセリン・ラダックは、「彼は偉大に見えました。」
「彼は、奇妙で、賢くて、非常に集中させられ、非常に、光り輝くように見えました。私は、彼はとても元気そうに見えると思いました。」と言った。
レイ・マクガバンは、スノーデンを「異常な人」と呼び、「彼のアクションに対する後悔はない」ことが判ったと言っている。
トマス・アンドリュース・ドレークは、情報組織が不正行為を犯したと主張した報道にドキュメントを漏らした後に、2010年にスパイ活動で起訴された元NSA取締役および密告者である。
密告活動について、2011年に、サム・アダム協会インテリジェンスのインテグリティー賞の共同受賞者と、真実を伝えることで、リンデンアワー賞(Ridenhour Prize for Truth-Telling )がドレークに与えられた。
スタジオでは、彼は、密告者だった経験を思いだした。
「国家安全保障局(NSA)でいる間、私は米国の政府によって重大な犯罪と軽罪を示しました。それは、浪費する、また乱用秘密監視および大規模な不正行為の両方を含んでいました。そして私がまさに高値を払ったことを認識して、ホイッスルを吹くことの中のすべての後悔がない」と、ドレークはRTに伝えた。
コーレーン・ローリーは元FBI捜査官兼密告者である。
2002年にコーレーン・ローリーが、pre 9/11インテリジェンスの間違いのうちのいくつかの強調により、米国の情報団体が直面する上院司法委員会参考になる問題で証言した。
「戦争パラダイム、および司法のプロセスではなく知能の使用へのこの180度のスイッチを見た時、適法手続き、ご存じのように、尋問の法律で、私は自由に発言し、9/11の失敗について説明しなければなりませんでした。」
ローリーはRTを伝えた。
彼女の活動についてTIMEは、彼女をその年の3人の密告者人のうちの1人に選んだ。
弁護士なしでアフガニスタンで2001年に捕らえられたタリバン兵士と呼ばれる人ジョン・ウォーカー・リンディー(John Walker Lindh)のそれらの尋問での妨害を委託するためのFBを露出した後、司法省の元倫理学アドバイザーであったジェセリン・ラダックは密告者になった。
さらに、彼女は申し立てによると、その情報を抑えることを試みるために司法省を露出した。
「公正部は、進んで人々を起訴する角をカットしました。」と、彼女がRTに伝えた。

また、中国のCNTVは2013年10月14日に、WikiLeaksの創立者ジュリアン・アサンジ(Julian Assange)は、米国密告者エドワード・スノーデン(Edward Snowden)が引退した米国国家安全保障オフィサーのグループから彼に今週の初めに与えられた賞に値したと言ったとビデオを公開した。

ロンドンのエクアドルの大使館(Ecuador embassy in London)で話したジュリアン・アサンジは、それが完全な勝利であると言った。
「彼は、非常に正しく、前のNSA、CIA、FBIおよびDOJ密告者から、完全に対する賞を受け取りました。東ドイツで夢になっていたであろう各個人の上に監視装置を持っているために、それは一大事です。それは、西洋でより広く米国民主主義、および民主主義に対する脅威です。」とジュリアン・アサンジは言った。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。