2013-10-14

移住者はモスクワ襲撃で大量逮捕された。

BBC Newsは、ロシアの警察はモスクワで主な暴動の後に、移住者をターゲットとする襲撃で1,200人以上を逮捕したと報告した。

ロシアの通信社は、「防止的な襲撃(preventative raid)」は労働者の植物の倉庫に目標を定めた。
そして、日曜日にデモ参加者が攻撃されたと、ロシアの通信社は報告しました。

怒った抗議者は、出稼ぎ労働者を捜している市場にあふれた。

申し立てによると、北カフカスからのイスラム教の移住者による暴動は、2013年10月10日木曜日にロシアの男性の殺害に対する抗議の間に始まった。

25歳のロシア人のヤゴール・シチェルバコフ(Yegor Shcherbakov)は首都のBiryulyovo地区で、彼のガールフレンドの前で死んだ。

警察は、容疑者のセキュリティーカメラ写真をリリースしたが、彼の身元は明らかにしなかった。

メディアは、その人が「非スラブ系の外観」であることから、殺人者がロシアの北カフカスからのイスラム教の移住者だったと国家主義者に結論を下させて、写真を示唆したと言った。

暴動を起こすことで、日曜日に始まり、約380人が拘留されたが、罪なしで釈放された。

もし、月曜の野菜の倉庫中の移住者に対する襲撃で、拘留されたもの、罪を課すものがあるかどうかは不明瞭であるとRIAノーボスチは報告した。

警察は、それらが「犯罪活動への関与」を調査していたと言ったと詳述せずに伝えられた。

移住および内部移住はモスクワで、最近の市長選挙での本題であった。
それはセルゲイ・ソビヤニン(Sergei Sobyanin)によって勝ち取られた。

BBCのスティーブ・ローゼンバーグ(Steve Rosenberg)はモスクワのから、暴力がロシアのナショナリズム、コーカサス地域、および旧ソビエト共和国からの少数民族のロシア人と移住者の間で、緊迫した対立を増すことが反映していると言った。