2013-10-14

癌は欧州連合で、「何10億ユーロ」を要する。

美容と医学の科学

BBC Newsは、EU全体に渡る病気の経済的影響の最初の分析によれば、癌は、年間EU(European Union/欧州連合)の国々で1260億ユーを要していると報告した。

チャリティー癌リサーチ英国(Cancer Research UK)は、それが「巨大な負担」であると言った。

Lancet Oncology(ランセット腫瘍学)の中で公表された図は、薬のコストを含んでいた。

The Lancet Oncology, Early Online Publication, 14 October 2013
doi:10.1016/S1470-2045(13)70442-XCite or Link Using DOI
This article can be found in the following collection: Public Health
Economic burden of cancer across the European Union: a population-based cost analysis

Ramon Luengo-Fernandez DPhil a,
Dr Jose Leal DPhil a ,
Prof Alastair Gray PhD a,
Prof Richard Sullivan MD b

a Health Economics Research Centre, Nuffield Department of Population Health, University of Oxford, Oxford, UK
b King's Health Partners Cancer Centre and Institute for Cancer Policy, King's College London, London, UK

Correspondence to: Dr Jose Leal, Health Economics Research Centre, Nuffield Department of Population Health, University of Oxford, Old Road Campus, Oxford OX3 7LF, UK

また、所得と同様に、家族による病気のケアを提供することで、または多くを失った。

肺癌はその病気で最も高価な形式であった。

オクスフォード大学とキングズ・カレッジ・ロンドン(University of Oxford and King's College London)からのチームは、2009年にEUの27カ国からのデータを分析した。

その、全コストが1260億ユーロで、その510億ユーロが、医者の時間と薬剤費を含む医療費になっていたことを示した。

病気によって、仕事の生産性を失わせ、失敗したか、若く死んで、520億ユーロかかり、その一方で注意を提供する家族へのコストが230億ユーロと置かれた。

全体として、ドイツとルクセンブルグのような、より豊かな国々は、ブルガリアとリトアニアのような東方のヨーロッパ諸国より人について癌治療にもっと費やした。

肺癌は、ヨーロッパですべての癌コストの10分の1を越えるものを占めた。

若死による損失した生産性が主な要因であるように、致命的な癌は、他の癌より若い年齢で人々に影響する傾向があった。

しかし、全面的な経済的負担は痴呆と心疾患のコストの後ろにあった。

EU全体に渡る研究は、同じ研究グループによって、高血圧と卒中を含む心疾患を示し、一年間で1690億ユーロかかる。一方、痴呆は、西ヨーロッパのちょうど15カ国で1890億ユーロかかった。

心疾患が影響する条件は、広い範囲を含んでいる一方、痴呆はまさに長期医療に関係し、、癌よりさらに多くの人々で、高額にていた。

研究者のうちの1人、オクスフォード大学医療経済学リサーチ・センターのラモン・ルエンゴ-フェルナンデス博士(Dr Ramon Luengo-Fernandez, from the Health Economics Research Centre at the University of Oxford)は、
「いくつかの疾病の経済的負担の評価によって、その投資のための最も高い負担および最も高い予定配当率を備えた疾病への公的研究に資金提供することを割り付けるのを支援することは可能でしょう。」

キングズ・カレッジ・ロンドンの教授リチャード・サリバン(Prof Richard Sullivan, from King's College London)は、
「重要分野を識別し、優先的にするためにヨーロッパ全体で意思決定者がこの情報を使用することは重大です。」
「投資の中でより有効にターゲットとすることは、医療制度が限界点(癌の増加する負担を与えられた実際の危険)に達するのを防ぐかもしれません。また、いくつかの国々では、資金調達のよりよい割付けはさらに生存率を改善するかもしれません。」と言った。

癌リサーチ英国の政策のヘッドのサラ・オズボーン(Sara Osborne, head of policy at Cancer Research UK)は、
「仕事から、疾病および時間で時期尚早に死ぬ人々によりヨーロッパを横切って経済の上に癌が持っている財務的影響は、巨大な負担のままです。」
「この研究は、研究は癌の原因についての私たちの理解を改善するのになぜ重大かを強化します。その結果、私たちは、その病気のインパクトを減少させて、病気を防ぎ治療するために改善策を開発します。」
「さらに、私たちは、なぜイギリスの癌死亡率が多くのEUの国より高いにもかかわらず、1つの、類似した、癌治療に費やすままか理解する必要があります。」と言っている。