10-14

コロンブス記念日(Columbus Day)

米国で記録された最初のコロンブス記念日の祝賀は、イタリア系アメリカ人遺産を尊敬するために、1792年10月12日にニューヨークで開催された。

1937年のフランクリン・デラノ・ルーズヴェルト大統領(President Franklin Delano Roosevelt)は10月12日を祝日として、コロンブス記念日であると宣言した。

1971年には、休日が10月の第2月曜日に変更された。
コロンブスが降りた島のオリジナルの住民を尊敬するために、カリフォルニア州バークレー(Berkeley, California,)はコロンブス記念日を1992年に、固有の民族日(Indigenous Peoples Day)に取り替えた。

1989年には、サウスダコタ州(South Dakota)が休日を先住アメリカ人の日(Native American Day)を呼び始めた。

アラバマ(Alabama)は、コロンブス記念日(Columbus Day)およびアメリカインディアン遺産日(American Indian Heritage Day)のコンビネーションを祝った。
また、ハワイは発見記念日(Discovery Day)と呼んだ。

他の国々は、さらに異なる休日でコロンブスを祝っている。

例えば、バハマ諸島(Bahamas)では、それは発見記念日(Discovery Day)と呼ばれ、スペインでは、Día de la Hispanidad(イスパニダーの日)とFFiesta Nacional de Españaとラテンアメリカのスペイン文化的統合を目指す運動とお祭りになっている。