gaYa広告

10月14日

コロンブス記念日(Columbus Day)

米国で記録された最初のコロンブス記念日の祝賀は、イタリア系アメリカ人遺産を尊敬するために、1792年10月12日にニューヨークで開催された。

1937年のフランクリン・デラノ・ルーズヴェルト大統領(President Franklin Delano Roosevelt)は10月12日を祝日として、コロンブス記念日であると宣言した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

1971年には、休日が10月の第2月曜日に変更された。
コロンブスが降りた島のオリジナルの住民を尊敬するために、カリフォルニア州バークレー(Berkeley, California,)はコロンブス記念日を1992年に、固有の民族日(Indigenous Peoples Day)に取り替えた。

1989年には、サウスダコタ州(South Dakota)が休日を先住アメリカ人の日(Native American Day)を呼び始めた。

アラバマ(Alabama)は、コロンブス記念日(Columbus Day)およびアメリカインディアン遺産日(American Indian Heritage Day)のコンビネーションを祝った。
また、ハワイは発見記念日(Discovery Day)と呼んだ。

他の国々は、さらに異なる休日でコロンブスを祝っている。

例えば、バハマ諸島(Bahamas)では、それは発見記念日(Discovery Day)と呼ばれ、スペインでは、Día de la Hispanidad(イスパニダーの日)とFFiesta Nacional de Españaとラテンアメリカのスペイン文化的統合を目指す運動とお祭りになっている。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。