2013-10-14

なぜ米国は、コロンブス記念日(Columbus Day)を祝うことができるのか?

ワシントン・ポスト(Washington Post)は、クリストファー・コロンブス(Christopher Columbus)は、ピンタ(Pinta)号とサンタマリア(Santa Maria)号でアメリカを発見した。
それをしたことで、地球が平らではないことを証明したと言われている。

それは間違って、間違って、間違っている(Wrong, wrong and wrong. )とバレリ・ストラウス(Valerie Strauss)が報告した。

それは、ギャヴィン・メンジーズ著1421:中国が新大陸を発見した年(The Year China Discoverd The World by Gavin Menzies)を読むと、宝船艦隊が1421年から1423年に世界一種どころか、南極大陸、グリーンランドなどを詳細に調べていたと書いている。

バレリ・ストラウスは、ヨーロッパの調査者が彼の名前を米国連邦休暇にするとすれば、勇敢であるが残忍なコロンブスに関する気がかりな真実を見ることが必要であると言っている。
すでに、他の国々の休日までに同様に尊敬される。

クリストファー・コロンブスは、地球が球形であることを証明しなかった。
米国の学校で子供は、コロンブスが1492年に東インド諸島への新しいルートを見つけた時、地球が平であると人々が考えたので、地球の端から彼が落ちるだろうと心配されたことをその後、修正されたと長く教えられた。

しかし、早くも紀元前6世紀に、ピタゴラス(Pythagoras)、その後アリストテレス(Aristotle)とユークリッド(Euclid)によって、地球について球体として書かれ続いていた。
また、歴史家は、コロンブス以前に、教養のあるものは地球が球形であることをとてもよく知っていたということに疑問がないと言っている。

事実として、1,300年前、ローマ帝国の頂点に書かれたプトレマイオスの地理学(Ptolemy’s Geography)のコピーをクリス・コロンバスが出帆するとき所有していた。

1200年から1500年の間にヨーロッパで出版されたいくつかの本は、1200年代の初めに書かれた、「球体」を含む地球の形について議論ました。
それは1300年代とその先にヨーロッパの大学で必読書であった。

コロンブスのための大きな疑問は、地球の形ではなく、彼が横断することを計画していた海洋のサイズだったと判明した。

大西洋を横切った有名な1492の旅行で使用された船Niの有名な名前ピンタ号とサンタマリア号は、恐らく、実際に指定されなかった。

サンタマリアは、ガリシア人(The Galician)を意味するLa Gallegaとしてその時に知られていた。

船の愛称であると考えられ、サンタクララ(Santa Clara)を呼ばれ、船の本名は明らかではないが、ピンタも恐らくさらに愛称であった。

コロンブスはアメリカを「発見しなかった」、彼は北アメリカに足を踏み入れなかった。

1492年に始まった、4回の旅行中でコロンブスは、その後イスパニョラ(Hispaniola)と呼ばれる島と、バハマ諸島(Bahamas)である様々なカリブ海の島に降りた。

さらに、彼は中央・南アメリカの海岸を調査した。

しかし、彼は、もちろん、既に居住していたネイティブ・アメリカンの北アメリカに到着しなかった。
また、彼は、新しい大陸を見つけたと考えていなかった。

さらに、恐らくコロンブスが生まれる500年前にノルウェーの調査者リーフ・エリクソン(Leif Erikson)はカナダに到着したと信じられていることを思い出すかもしれない。
また、フェニキアの水夫がアトランティックをそれよりはるかに早く横断したと信じることができる。

また、彼がやった褒められないことがある。

ロンブスは、彼が降りたカリブ海の島で、残忍な副王兼知事であった。

彼は、ローレンス・バーグリーン(Laurence Bergreen)による伝記「コロンブス」によれば、スペインの入植者を脅迫した一方、島に居た民族に対する残虐行為を犯し、それらの人口を10分の1にした。

なぜ私たちはコロンブス記念日(Columbus Day)を祝うのか?

米国で記録された最初のコロンブス記念日の祝賀は、イタリア系アメリカ人遺産を尊敬するために、1792年10月12日にニューヨークで開催された。

1937年のフランクリン・デラノ・ルーズヴェルト大統領(President Franklin Delano Roosevelt)は10月12日を祝日として、コロンブス記念日であると宣言した。

1971年には、休日が10月の第2月曜日に変更された。
コロンブスが降りた島のオリジナルの住民を尊敬するために、カリフォルニア州バークレー(Berkeley, California,)はコロンブス記念日を1992年に、固有の民族日(Indigenous Peoples Day)に取り替えた。

1989年には、サウスダコタ州(South Dakota)が休日を先住アメリカ人の日(Native American Day)を呼び始めた。

アラバマ(Alabama)は、コロンブス記念日(Columbus Day)およびアメリカインディアン遺産日(American Indian Heritage Day)のコンビネーションを祝った。
また、ハワイは発見記念日(Discovery Day)と呼んだ。

他の国々は、さらに異なる休日でコロンブスを祝っている。

例えば、バハマ諸島(Bahamas)では、それは発見記念日(Discovery Day)と呼ばれ、スペインでは、Día de la Hispanidad(イスパニダーの日)とFFiesta Nacional de Españaとラテンアメリカのスペイン文化的統合を目指す運動とお祭りになっている。