2013-10-10

モバイル収入は、産業史上でいつから減退し始めるか?

モバイル・マネー未来

Cellular-Newsは、Ovumによれば世界的なモバイルの接続は、2012年に65億から2018年までに81億に達するようになると予測している。
その一方で、毎年のモバイル・サービスの収入はUS$9680億からUS$1兆1000億まで上昇しているかもしれないと言っている。

しかし、大域サービス収入は、2017年のレベルから、2018年に1%あるいはUS$78億減って、モバイルの産業歴史上で初めて収縮すると予測している。

そのため、次の5年にわたって、サービス、関税、ビジネスモデル、ネットワーク・オペレーションおよび協力中の革新は、重要な収益を創出する戦略になると予測している。

Ovumの報告書の著者でインダストリー、コミュニケイションズおよびブロードバンドのアナリストであるサラ・コーフマン(Sara Kaufman, analyst for Industry, Communications and Broadband at Ovum and author of the report)は、「成長は世界中のほとんどの市場で遅くなり続けるでしょう。」と言った。

あなたが接続と収入のCAGRを比較する場合、携帯電話会社が新しい現実を直視していることは明らかである。
それらは、はるかにより少ないので、さらにもっと多く行うに違いない。
統合は、いくつかの市場圧力を緩和するのを支援し、多くの市場において避けられない。
しかし、収入安定化の必要は持続可能な将来の間最高になっている。

コーフマンによれば、高度に発展した市場のオペレーターは特に挑戦タイムに直面する。

西ヨーロッパの接続は1%未満のCAGRによって成長する。
その一方で収入は1.48%のCAGRで縮小しているかもしれない。

他のいくつかの高度に発展した市場は、成熟のサインを示し始める米国(を含めて、前年比収入が2018年に傾くことを理解することになる。

収入衰退の多くは、ARPUになることにより駆り立てられる。
それは2012年と2018年の間に2.7%のグローバルなCAGRによってすべての市場を横切って縮小し続ける。

最も大きな衰退が、中東で、ARPUは2.5%のCAGRによって落ちるだろうと予測している。

しかし、コーフマンは、「ARPUは無期限に落ちない場合があります。」と述べた。
「非常に低いARPUを備えた市場では、それは床に届き、次に、安定するでしょう。」
グローバルな傾向にもかかわらず、いくつかの成長の機会は、まだ特にアフリカで、収入が予測の全体にわたって4.2%のCAGRで成長すると予想されると言っている。

世界の他の地域は予報期間に3%以上のCAGRで収益成長率を見ない。

アジア-太平洋、南&中央アメリカの市場を選択した場合は、さらに次の5年にわたって成長を駆り立てる。

アフリカはさらに最も急成長している接続を持ち、2012年と2018年の間に5.6%のCAGRで増加し、ちょうど10億以上の接続で期間を終了する。

アジア-太平洋の成長は遅くなる。
しかし、この地域は大部分は中国、インドおよびインドネシアによって運転されて、新しい接続の中で最も大きな寄与者のままになる。

この地域の接続は合計2018年に42億になり、予報期間を通じてネット追加分の57%を全体的に占めると予測している。

多くが中国に期待する中で、ボーダフォンは、中国、米国を捨て、中南米をスキップし、インドとアフリカをモバイル・マネーでターゲットに絞った。
ソフトバンクは、これから縮小するSprintを買収した。
これを足がかりにする以上、単純なこれまでのようなビジネスでは、空中分解する。

Western European operators’ revenue to decline by 1.5% CAGR
US market starts to show signs of its maturity
Greatest ARPU decline is in the Middle East, falling by 2.5% CAGR
Africa presents the largest growth opportunity, revenues expected to grow at a CAGR of 4.2%
Asia-Pacific will remain the biggest contributor of new connections

2013-10-09---ボーダフォンは、少数のインドの株主から株を買い取る努力に注視。
2013-10-08---ボーダフォンはブラジルをパスして、インドに集中。
2013-09-23---ボーダフォン・インドは将来マネージャーを大学に求める。
2013-09-15---ボーダフォンは、インドをターゲットにした!
2013-09-03---ボーダフォンはVZW取り引きの後、£30億を4Gに費やす。
2013-09-01---ボーダフォンとベライゾンはUS$1300億で、VZW取り引きに合意。
2013-08-29---ボーダフォンはベライゾン・ワイヤレスの全株式売却を計画。
2013-08-22---ボーダフォンは、m-Pesaをエジプト、ルーマニアで始める。
2013-08-21---ケニアのSafaricomは、自宅の賃貸料をm-Pesaで支払えるようにした。http://timesofindia.indiatimes.com/photo/20725055.cms
2013-08-07---Consult Hyperionは、モバイル・マネーでm-Pesaに参加。
2013-07-24---インドの最大の銀行は、モバイル・ペイメント取り引きを発表。
2013-07-16---ケニア電力のプリペイド電気ユーザーは、m-Pesaに集結。
2013-06-24---ケニアのSafaricomは、モバイル・マネーを会社ターゲットにプッシュ!
2013-05-23---ケニアで、賃金をモバイル・アカウントに直接支払う実験を実施。
2013-05-21---ボーダフォンは販売が落ちるとともに、ヨーロッパの混乱で打たれた。
2013-04-21---ケニアのモバイル・マネー預金、ケニア最大の銀行を追い抜いた。
2013-02-19---Safaricomはモバイル・マネー・エージェンシーに信用貸しを提示。
2013-04-17---モバイル・マネー・サービスm-Pesa、インドに上陸。
2013-02-13---ビザは、銀行のない金銭プラットフォームを始めた。
2013-02-03---Safaricomは、政府税により、一部サービス料金を上げた。
2012-11-27---m-Pesaは、小口金融M-Shwariの提示を始めた!
2012-11-08---ボーダフォンはインドでm-Pesaモバイル・バンキング・サービスを開始。
2012-10-23---m-Pesaで、より多くの国際通貨トランスファー・ルートをオープン。!
2012-10-11---技術ブームはどれだけ、ケニアを変革できるか。
2012-07-16---ボーダフォンはベライゾン・ワイヤレスからUS$45億の支払いを期待!
2012-03-19---ケニアのテクノロジー成長を基礎にした「シリコン・サヴァナ(Silicon Savannah)」計画。
2012-03-01---ケニアのSafaricomは、小口モバイル・バンキング取引費値下げ
2012-02-22---ビザとMonitiseは、インドの銀行へモバイル・バンキング・サービスを提供。
2011-07-29---ボーダフォンがベライゾンから、風で落ちた果物US$45億を受け取る!
2010-11-24---インドでのモバイル・マネー振替候補の銀行間体系セットを完成。
2010-09-19---ボーダフォンとベライゾンの配当支払い「秘密の会談」
2010-09-08---ボーダフォンは、中国モバイルを売却し、US$65億を手に入れた。
2010-08-29---イギリスのボーダフォンが、チャイナ・モバイルの株式を売却。
2010-07-25---ボーダフォン、少数株の処分を熟考中!