on-the-time.jp

2013年10月13日

インドのマディヤプラデシュにある寺院に殺到し、多数が死亡。

BBC Newsは、インドの警察は、インド中部のヒンズー寺院で殺到により、50人以上の巡礼者が死んだのではないかと報告した。

また、ロイターは89人の死亡が確認され、100人を越えると言っている。

宗教のフェスティバルのために、約150,000人の巡礼者がボーパル州州都マディヤプラデシュ(Madhya Pradesh state capital, Bhopal)の北390km(240マイル)のダティア(Datia)のラタンガル寺院(Ratangarh temple)に集まった。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

警察は、巡礼者が神社の近く、シンド川の上のブリッジ(bridge on the Sindh river)を横断しようとしたときに、殺到が起こったと言っている。

他のものが橋から飛び降りた後に溺れ、一方では、ほとんどの犠牲者が殺到で死んだ、と報告書が述べている。

警察は、さらに多くの人々が負傷したと言った。
また、緊急隊はまだ身体を求めて川を探索していた。

地方公務員サンケット・ボーンドバ(Sanket Bhondve)は、何千もの信者がラタンガル寺院を訪れているとBBCヒンディーに伝えた。

彼は、即時のプライオリティが怪我をしたものに軽減を供給することであると言った。

地方の警察署長DKアルヤ(DK Arya)は、殺到が恐らく橋が倒壊するかもしれないという噂によって口火を切られると地元マスコミに伝えた。

他の報告書は、群衆をコントロールするために警察がバトンを使用することを示唆した。

事故が09:00(03:30 GMT)ごろに起こった。
しかし、寺院が不安定な携帯電話通信環境の僻地にあるので、情報が遅かった。

インドのヒンズー・フェスティバルは致命的な殺到で悪名高い。

去年、3件の同様の悲劇の中で、12人以上が死んだ。

2011年には100人を超えて、ケララの南部州のフェスティバルで死亡した。

2008年にには、ジョードプルのメヘランガル城塞(odhpur's Mehrangarh Fort)の内部のシャムンダ・デーヴィー・ヒンズー寺院(Chamunda Devi Hindu temple)で殺到により、220人以上が死亡した。

ラタンガル寺院(Ratangarh temple)のGoogle Earthポインター情報
26°11'23.95"N,78°34'38.23"E
または、
26.189986, 78.577286

2010-11-22---プノンペンの水掛祭りで少なくとも345人が殺到で死亡!

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。