on-the-time.jp

2013年10月11日

人工臓器を統合した「超人(Bionic man)」は、歩く。

美容と医学の科学

AP通信は、「US$600万の人(The Six Million Dollar Man)」と呼ばれるポピュラーなテレビ番組が、彼の身体が、ほとんど死んだ後人工部分を使用して再建された元宇宙飛行士スティーブ・オースティン(Steve Austin)の冒険を時系的に記録した時、用語「超人(bionic man)」は1970年代にSFのスタッフであった。

さて、エンジニアのチームは人工臓器、四肢および他の身体部分を使用して、ロボットを組み立てた。それは真実の「超人」に期待をかき立てじらすように近くなった。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

本当に、この時。

人工の「人」(The artificial "man")は、2013年10月20日日曜日の午後9時に放映するスミソニアン・チャンネル・ドキュメンタリーの主題である。

それは、「信じられない超人(The Incredible Bionic Man)」と呼ばれ、機能する身体を組み立てる年代記エンジニアの試みで、働く腎臓および循環装置から匙と網膜の移植までのその範囲を人工部分を使用している。

部分は世界中の17社のメーカーからきている。

それらがともに組み立てられたのはこれが初めてであるとシャドー・ロボット社およびプロジェクト上のリードroboticistの常務取締役リチャード・ウォーカー(Richard Walker, managing director of Shadow Robot Co. and the lead roboticist on the project)は言った。

(それは)「ちょうど今医学がどれくらいになったかについて公開する試み」と彼は言った。

今週、米国で初めてロボットが姿を見せる。

2本の金属トランクの中へ押し込まれて、大西洋を横断し、そして、税関の短い強奪の後、生物工学的な男は、金曜日の祝日ニューヨークのComic Conに、自分の手並みを見せる。

歩行は、ロボットが人間の機能の約60〜70%を持っていると言った。

それは6.5フィートと堂々として、脊椎損傷により歩く能力を失った人々によって使用されるレックスの歩く機械の助けを借りて歩み、座り、立つことができる。

さらに、それには機能する心臓があり、人工血液を打ち循環させ、そしてちょうど人間の血液のような酸素を運ぶ。

人工の移植可能な腎臓は、一方、現代の透析装置の機能に代わる。

部分はロボット仕事の中で使用したが、それらのうちの多数は人間の中で使用されることからほど遠い。

腎臓は例えば、プロトタイプだけである。

また、見当たらないいくつかのキー部分があります:
消化器系、肝臓あるいは皮膚はない。
そして、もちろん、脳はない。

「超人(Bionic man)」は、低い左腕なしで生まれて、バイオニクスの補綴を着用しているチューリッヒ大学の36歳の社会心理学者ベルトルト・マイヤー(Bertolt Meyer)がモデル化された。

その人の顔はマイヤーの顔の3D走査に基づいて作成された。

「私たちは、事故、あるいは例えば癌により、それらの顔で、例えば鼻の欠損部を持っている人々のために技術が審美的な補綴を供給することができるショーケースに望みました」とマイヤーが言った。

マイヤーは、初めてロボットを見た時、彼が最初に不安感を感じたと言った。

「私は、正直なために、それはやや反抗していると思いました」と彼が言った。

「それは、毎朝、この種の反ユートピア的な見る機械上の鏡で、私が見るものに非常によく似ている顔を見るのは、全く衝撃でした。」

特に「人」が、イギリスのデパートであるハロッズ(Harrods)からいくつかの衣服を支給された後、彼はそれ以来、それまで暖まりました。

またコスト?
結局のところ、この「超人(Bionic man)」は、彼のUS$600万のSFいとこより安くできた。

実験の中で使用される部分は寄贈されたが、それらの値は約US$100万であった。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告