gaYa広告

2013年10月11日

リビアで裁判にかけられるカダフィ時代の情報部顧問。

BBC Newsは、ICC(International Criminal Court/国際刑事裁判所)は、リビアのカダフィ時代の情報省チーフであるアブドラ・アル−セヌシ(Libya's Gaddafi-era intelligence chief, Abdullah al-Senussi)が、リビアで裁判にかけることができると裁決した。

その決定は、裁判を受けるためにハーグにアブドラ・アル−セヌシが派遣されることをICCがもはや要求しないだろうということを意味した。

申し立てによると、元軍事情報部チーフは、2011年にICCによって大佐カダフィに対する暴動中に犯された戦争犯罪で起訴された。

アブドラ・アル−セヌシの弁護士ベン・エマーソン(Ben Emmerson)は、それを「ショッキングな決定」と評した。

エマーソンは、その決定に対して上告するだろうと言った。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

彼は、
「リビアの裁判制度は崩壊の状態です。また、それは、任意のカダフィ時代職員の公平な裁判を行うことができません。」ICCが証拠を持っていたと言った。

リビア政府の弁護士はICCの決定を歓迎した。

フィリップ・サンドズ(Philippe Sands)は、「努力を立証する、それ[リビアの政府]は、補足性の原則への効力を与えることを作った、行ったように、それが法廷を満たす場合に、リビアがアブドラ・アル−セヌシの裁判を行うことを可能にする、それは公正な裁判を導くことができる。」判決と言った。
原理は、ICCが、それらが国内の法廷中の公正な裁判を受け取っているとそれが思う場合、容疑者に対する訴訟手続きを実行しない手段を指した。

ICCの事前審理の部屋は、アブドラ・アル−セヌシの調査が「リビアは実行するのに真に自発的で有能である」と決定しましたと、裁判所は声明で言った。

それは、「セイフ・アル-イスラム・カダフィ(Saif al-Islam Gaddafi)に対する事件との関係はない」のを決定が持っていたと言った。

前のリビアのリーダーの息子もICCによって戦争犯罪で起訴され、国内の事件でのアブドラ・アル−セヌシ、他に36人に加えて、共同被告である。

ICCは、カダフィに対する「証拠の少数の希薄なアイテム」以上にそれが集まり、まだ法的な表現で、彼を安全にしなかったことをリビアが示していなかったと言ぅた。

トリポリの法廷は、抗議者の2011年の殺害の責任を負った前政権の20人の中で、セイフ・アル-イスラム・カダフィとアブドラ・アル−セヌシを起訴するために、2013年10月24日に決定すると、AFPが報告した。

セイフ・アル-イスラム・カダフィは、ジタン(Zintan)の西部町で市民軍によって拘留されている。

先月、民兵は、ブドラ・アル−セヌシおよび彼の共同被告を並んで審理する事前審理で現われるためにトリポリでの法廷に彼を出廷させることを拒絶した。

彼は、リビアの国家安全保障を脅かす情報を交換するという個別のチャージ上で、ジタンの裁判に直面している。

その事件は2013年12月12日まで延期された。

ICCは、裁判が不公平であるとそれが後で決定する場合、カダフィ大佐(Col Gaddafi)の義理の兄弟、また彼の最も親しい補佐のうちの1人だったアブドラ・アル−セヌシを試みないその決定で、アピールすることができるかもしれないと言った。

アブドラ・アル−セヌシは、1996年の不名誉な1,000人を超える収容者がその中でトリポリのアーブー・サーリムの刑務所で死んだリビアの大虐殺に巻き込まれた。

1999年には、アブドラ・アル−セヌシが、フランスで不在中に裁判にかけられ、ニジェール上のUTA定期旅客機の撃ち落としたことで終身刑が10年前に宣告された。

彼はダフィ大佐の没落の後にリビアから逃げましたが、昨年、モーリタニアから引き渡された。

アムネスティ・インターナショナルは、ICCへのアブドラ・アル−セヌシとセイフ・アル-イスラム・カダフィの即時移動を要求した。

恩赦は、セキュリティを改善し、かつ公平な公平な裁判を保証する国の裁判制度を再建するために、リビアがまだ必要としたと言った。

ベン・エマーソンは、リビアが「それらが喜ばせるとともに銃器法および武装した市民軍の法則が行うところで、widescale不法へ滑っていた。」と言った。

元情報チーフの弁護士は、「弁護士へのアクセスさえのない暴徒公正に直面するアブドラ・アル−セヌシを非難するために、その中で、避けられない結果は死刑です。」と金曜の決定の影響がそうだろうと付け加えた

リビアは、反逆者から隠れようとする間に、カダフィ大佐は捕らえられ、死んだ2011年の暴動以来、セキュリティ問題に悩まされている。

今週の初めに、アリ・ザイダン首相(prime minister, Ali Zeidan)は武装した民兵によって数時間誘拐された。

2013-10-10---リビアのアリ・ゼイダン首相は束縛から解放された。
2013-08-09---リビアのベンガジで、主要なテレビ局の司会者が射殺された。
2013-05-16---ホワイトハウスは「議論のポイント」になっているベンガジ電子メールをリリース。
2012-10-20---カダフィ大佐が捕獲され、殺されてから1年。
2012-10-18---カダフィの家族と仲間は、今どうなったか?
2012-09-12---リビアのベンガジで、米国領事攻撃で大使死亡!
2012-09-05---リビアの元スパイ・トップが裁かれる!
2012-08-19---リビア政府は、32人のトリポリ攻撃「カダフィの忠誠な支持者」を逮捕。
2012-06-09---カダフィの長男に会ったICCの弁護士は、リビアで拘留されている!
2012-04-27---元リビアの首相、ドナウで死体で発見!
2012-03-17---カダフィのスパイ・チーフ、モーリタニアで拘留!
2012-01-20---リビアは、化学兵器を隠した!?
2011-12-24---リビアは初めて、独立記念日を祝った!
2011-12-17---米国国防長官レオン・パネッタが、リビアの首都トリポリを訪問!
2011-12-15---国際刑事裁判所の検察官、カダフィの死は戦争犯罪?
2011-11-20---リビアのNTCは、カダフィ息子に公正な裁判を誓った。
2011-11-18---独裁政治の次に、何が来るのか?
2011-10-29---カダフィ息子セイフ・アル-イスラムは、無罪を主張!?
2011-10-22---どうなる?イギリスへ逃げたカダフィの最高スパイ!
2011-10-21---BBC、AP通信、TIMEのカダフィー死亡Twitter!
2011-10-21---AFPが、最初のカダフィ捕獲の写真を発表!
2011-10-20---カダフィ殺人事件の時間軸!
2011-10-20---ムアマル・カダフィが死亡した!
2011-09-07---カダフィの家族は、アルジェリアで保護されているのか?!
2011-09-02---爆弾ビジネスマンは、リビア革命でも歌のヒットを思いついた!
2011-09-01---リビア再建サミットをパリで開催。
2011-08-28---ムアマル・カダフイは、何処にいる!?
2011-08-22---リビアでの6カ月以上の闘争年表。
2011-08-22---リビアのカダフィ政権崩壊の瞬間!?
2011-07-30---NATO軍、リビアの衛星放送受信トランスミッションを破壊!
2011-07-30---ヨーナス将軍はイスラム教徒民兵に撃ち殺された。
2011-07-29---リビアの反逆者チーフのヨーナスが殺害された。
2011-06-22---リビアのカダフィは、殺人でNATOを起訴!
2011-06-07---カダフイは、死ぬまで戦うと誓った。
2011-06-04---日本政府、カダフィの資産3,500億円を凍結。
2011-06-02---NATO軍は、カダフイを追い出すと誓って、空襲を90日間延長。
2011-05-17---カダフイ使節は、モスクワで会談を開催。
2011-05-10---不思議でならないリビアの反政府軍担当者!
2011-05-05---カダフイが、「大いに、当てにした」看護師がノルウェーに亡命申請!
2011-05-03---トルコのリーダーが、カダフィに出国を要求した!
2011-04-30---NATO軍の空爆で、カダフイの息子を殺した。
2011-04-24---リビア刑務所、スペインの報道カメラマンがHELP!
2011-04-05---リビア政府は、リビアのような国にはカダフイが必要!と言っている。
2011-04-03---カダフイの使節アブデラティ・オベイディがギリシャに到着!
2011-03-26---欧米の目の上のこぶ、カダフィの歴史。
2011-03-10---リビアの闘争で、NATOはカダフイに対してオプションを考えている。
2011-03-06---リビアの戦いが深まるのに従って、カダフィーは戦争を徐々に拡大。
2011-02-28---米国はカダフィ追放のため、軍事介入を準備!?
2011-02-28---イギリスのキャメロン首相、カダフイ将軍に辞任を説得!
2011-02-28---世界中の外務大臣は、リビア騒動でにジュネーブで集まった。
2011-02-27---反カダフィー派が、Zawiyaを占拠した!
2011-02-24---カダフイは、ビン・ラディンが悪いと言った!
2011-02-23---非公式情報だが、リビアですでに1,000人以上が殺された!?
2011-02-22---リビアのカダフイが国営テレビに現れた!
2011-02-21---カダフィのリビアで、無茶苦茶に市民が殺されている!
2011-02-20---リビアで不安が拡大し、死亡者が100人を越えた!

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。