gaYa広告

2013年10月11日

米国のディッカーソン公園動物園で、象が飼育係を殺した。

BBC Newsは、米国のミズーリー州の動物園で、Patience(忍耐)と言う名前の象が、ベテランの飼育係を殺したと報告した。

ミズーリー州スプリングフィールドのディッカーソン公園動物園(Dickerson Park Zoo in Springfield, Missouri)の象管理者で、62歳のジョン・ブラッドフォード(John Bradford)は、41歳の雌であるPatienceの世話をしていた。

動物園は、Patienceが急に攻撃し、致命的に彼を負傷させたと言っている。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

動物園は、Patienceを殺さないだろうと言った。

最近、動物園は重度の腎臓病であった群れの雌ボスであったPinky(小指)を安楽死させた。

「これは、私たちのコミュニティーと同様に全体として動物園ファミリーのための非常に悲しい日です」と動物園の管理者マイク・クロッカー(Mike Crocker)が声明で言った。

動物園は、Pinkyの死以来、Patienceともう一頭の雌上をスタッフ・メンバーが注意して見続けていたと言った。

彼がPatienceで死んだ時、他の2人の動物園従業員がブラッドフォードといた。

職員は、なぜ1990年以来動物園にいた象が、ブラッドフォードで急に攻撃したか断定できない。

「こんなことは、以前に起こっていません」
「実際にはここのかなり団結が強い家族的で、公園従業員のためのカウンセラーが手元にいます。」
とスプリングフィールド市スポークスウーマン、コーラ・スコット(Springfield city spokeswoman Cora Scott)がBBCに伝えた。

ブラッドフォードは30年間動物園で働き、象マネージャーとしての25年間働いていた。

象園は閉まっているが、公園はオープンしている。
ときどき、象に襲われて、飼育員が死んでいる。

象は、かなり神経質な動物だと聞いたことがある。
見たところ、気が荒いアフリカ象ではなく、インド象のようである。

名古屋の東山動物園でも事故があったと記憶している。

ミズーリー州スプリングフィールドのディッカーソン公園動物園(Dickerson Park Zoo in Springfield, Missouri)のGoogle Earthポインター情報
37°15'12.72"N,93°18'22.87"W
または、
37.253533, -93.306353

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告