2013年10月11日

米国のディッカーソン公園動物園で、象が飼育係を殺した。

BBC Newsは、米国のミズーリー州の動物園で、Patience(忍耐)と言う名前の象が、ベテランの飼育係を殺したと報告した。

ミズーリー州スプリングフィールドのディッカーソン公園動物園(Dickerson Park Zoo in Springfield, Missouri)の象管理者で、62歳のジョン・ブラッドフォード(John Bradford)は、41歳の雌であるPatienceの世話をしていた。

動物園は、Patienceが急に攻撃し、致命的に彼を負傷させたと言っている。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

動物園は、Patienceを殺さないだろうと言った。

最近、動物園は重度の腎臓病であった群れの雌ボスであったPinky(小指)を安楽死させた。

「これは、私たちのコミュニティーと同様に全体として動物園ファミリーのための非常に悲しい日です」と動物園の管理者マイク・クロッカー(Mike Crocker)が声明で言った。

動物園は、Pinkyの死以来、Patienceともう一頭の雌上をスタッフ・メンバーが注意して見続けていたと言った。

彼がPatienceで死んだ時、他の2人の動物園従業員がブラッドフォードといた。

職員は、なぜ1990年以来動物園にいた象が、ブラッドフォードで急に攻撃したか断定できない。

「こんなことは、以前に起こっていません」
「実際にはここのかなり団結が強い家族的で、公園従業員のためのカウンセラーが手元にいます。」
とスプリングフィールド市スポークスウーマン、コーラ・スコット(Springfield city spokeswoman Cora Scott)がBBCに伝えた。

ブラッドフォードは30年間動物園で働き、象マネージャーとしての25年間働いていた。

象園は閉まっているが、公園はオープンしている。
ときどき、象に襲われて、飼育員が死んでいる。

象は、かなり神経質な動物だと聞いたことがある。
見たところ、気が荒いアフリカ象ではなく、インド象のようである。

名古屋の東山動物園でも事故があったと記憶している。

ミズーリー州スプリングフィールドのディッカーソン公園動物園(Dickerson Park Zoo in Springfield, Missouri)のGoogle Earthポインター情報
37°15'12.72"N,93°18'22.87"W
または、
37.253533, -93.306353

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告