2013-10-10

FIFAは、2014年のワールドカップのゴール管理技術を確認。

BBC Newsは、FIFAは、ドイツのメーカーGoalControlが開発したGoalControl4Dが、2014年ワールドカップ(2014 World Cup)用のゴールライン技術として、公式供給されることを確認したと報告した。

コンフェデレーションズ・カップ(Confederations Cup)で評価を渡されて、それを提供するブラジルでワールドカップのために技術を提供することで、このシステムは、4月に提出を勝ち取った。

統治機関FIFAは、それが各競技場の最終の設置テストに従って使用されるだろうということを今、確認した。

さらに、テストは各ゲームに先立って試合審判によって行なわれる。

GoalControl4Dシステムは、ゴールがピッチのまわりの14台の高速度カメラを使用して得点されたかどうか確認する。

レフェリーに時計上の振動および視覚信号によって1秒以内に通知される。

コンフェデレーションズカップ中に論争の的になっているようなゴールラインに対する決定はなかったが、FIFAはGoalControl4Dシステムがトーナメントのゴールの68をすべて正確に示したことを明らかにした。

2012-11-28---サッカーのゴールライン・テクノの戦争は銃撃戦!?
2012-07-04---サッカーのゴール・ライン決定技術の採択は、独英戦争勃発!
2012-03-05---サッカーのゴール・ライン・テクノロジー!