2013年10月11日

ピーター・ヒグス教授は、ノーベル賞を受賞したことを知らなかった。

BBC Newsは、ノーベル賞を受賞する科学者教授ピーター・ヒグス(Prof Peter Higgs)は、女性が通りで彼を祝うまで賞を受賞したことを彼が知らなかったことを明らかにしたと報告した。

教授ヒッグズは、エディンバラでランチから戻ったときに、元隣人が自動車から出てきたと言った。

「彼女はニュースで見たと私を祝福した。」
私は「おお、どんなニュース?」と聞き直した。

女性は、教授ヒッグズが賞を得たとロンドンの娘によって連絡を受けたといった。
と、彼は明らかにした。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

さらに彼は、「帰宅し、メッセージを読み始めた時、私はそれに関してもっと明らかになりました。」
と付け加えた。

教授ヒッグズは、彼の名前を共有する粒子「ヒッグス粒子(Higgs boson)」に関する理論で、彼の研究がスウェーデン王立科学アカデミー(Royal Swedish Academy of Sciences)によって認められた。

いわゆる「神粒子」の存在は、問題にその物質、すなわち多量を与えるために言った。
2012年に、スイスのジュネーブにある、Cern(European nuclear research facility/ヨーロッパの原子力研究施設)のLHC(Large Hadron Collider/大型加速器)からのチームによって50年後に証明された。

初めてエディンバラの大学でメディア会議で賞に関して話した彼は、
「私はどのように感じますか?さて、明らかに、私は嬉しく、それがすべてある感覚中でやや安心します。それは長い時間での到着でした。」

旧友は、彼が1980年と同じくらいはるかに後ろに指名されたと彼に伝えた、と彼が言った。

彼は、
「後の出来事の点では、実験的検証が私の生涯で証明できないように、私にそれを長年見ていました。」
「しかし、LHCを開始して以来、それがかなり、それを取り除き、また、いくつかの不幸にもかかわらず、それらはそこに着くでしょう。そして、それらはそこに着きました。」と言った。

2013-10-08---神の粒子ヒッグスの科学者、物理学でノーベル賞を受賞。
2013-03-14---物理学者は、彼らがヒッグス粒子を見つけ、ほとんど終わったと言った。
2013-02-06---もっとも不可解な物質の一つ、暗黒物質の解明。
2012-12-29---2012年に話題になった数字。
2012-11-12---ポピュラーな物理学理論は、隠れる場所を使い果たした。
2012-07-04---CernのLHCで、ヒッグス粒子のような粒子発見!
2012-03-29---CERNのフランス人科学者、「アル・カイダ容疑」で裁判所に出廷。
2012-02-23---光より速いニュートリノは、ボトルネックが2カ所であった?!
2011-12-22---LHCの新しい粒子は承認された。
2011-12-13---ヒッグス粒子は「一瞥されたかもしれません。」
2011-06-06---反物質を16分間びんに密封。
2011-05-17---「神の粒子」の有無の結論。
2011-05-05---テクニカラーの物理学をテスト。
2011-04-26---研究室での「神の粒子」調査結果は控え目であった!
2011-04-11---物理学で想定外の粒子発見?
2011-04-09---誰が最初にタイムマシンを想像したか?
2011-03-28---LHCbでの奇妙なBメソン研究で、発見のための新しいツールを提供。
2011-03-24---ティコ超新星残骸。それは宇宙にできたタイムマシンであった!?
2010-03-30---CERN、宇宙を生んだ「ビッグバン」直後に近い状況をつくることに成功。
2008-09-11---CERNのLHC(大型加速器)チーム、完全な任務。
2008-02-08---タイムマシンが2008年内に、スイスで登場!?

スイスのジュネーブの近くにあるヨーロッパの素粒子物理学センター「CERN(Conseil Europeen pour la Recherche Nucleaire/欧州合同原子核研究機関)」のGoogle Earthポインター情報
46°14'2.48''N,6° 3'10.76''E
または、
46.234022, 6.052989

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。