2013-10-10

Jumioの新しいワン-クリック・ペイメント。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、facebook共同創立者エドアード・サベリン(Eduardo Saverin)を含むモバイル・ペイメント企業Jumioは、ワン-クリック処理を確証する手段として、スマートフォン・カメラでユーザーにそれらのクレジットカードを走査させる、新しいサービスを発表したと報告した。

ポート(Port)と呼ばれる新しいサービスの背景にある目的は、ユーザーの身元を一度だけの立証を可能にすることで、多数の電子商取引パートナーを横切って使用される。

Jumioの顧客は現在AirbnbとFabを含み、そして驚くべきは、ブレーントリー(Braintree)のような他のベンダーが行っていることへの同様の概念であった。

違いは、承認済みのスライド式入力装置に対立するものとして、最初ユーザーのペイメント情報を走査し、アップロードするために、Jumioが携帯電話のカメラを使用するということであった。

確かに、以前から携帯電話に付けられるトングルは、クールではなかった。

また、CEOで創立者ダニエル・マッテス(Daniel Mattes)は、Jumioがモバイル財布(mobile wallet)ではなく、ペイメント・インフラストラクチャーの一部であると言った。

実際、ユーザーは、アップルのPassbookあるいはサムソンの新しい財布Samsung Walletへペイメント情報を保存することができる。

しかし、ダニエル・マッテスはモバイル財布のまわりで懐疑論者である。

何回も言っているが、モバイル財布(mobile wallet)と言う名前が一人歩きし、全く違うものがまとめられて使われている。

「ほとんどのユーザーは、彼らがまだ1つ必要とすることを知っていません。」と彼が言った。

典型的な財布は実際に狭い機能性を備えたペイメント・アプリケーションである、と彼が言った。

実際、ダニエル・マッテスは、最も成功した財布が小売り業者スターバックスが主要例として、現在までに始められたことを指摘した。

小売り業者はユーザーが特にその小売り業者とのみ購入をすることができることを意味して、閉鎖ループ財布(closed loop wallets)を提供する。

これは、ユーザーが、毎時間新しいアカウントを必要とすることを意味する。

消費者は遍在の解決を必要とする、とダニエル・マッテスが主張した。

「私はアプリケーションに基づいた財布ではなく、デバイスに基づいた財布を必要とします。」

他の投資者は、アンドリーセン・ホロヴィッツ(Andreessen Horowitz)とCitiを含んでいる。

この技術は、ある程度までは正しいが、ある次元で古くさくなることだろう。