2013年10月11日

バチカンは、イエスの名前を誤植したローマ法王のメダルを引き上げた。

BBC Newsは、バチカンは、イエスの名前が誤植(misspelt)であった新しいローマ法王のメダルの販売用6,000コピーを引き上げたと報告した。

コインの端の周りに書かれたラテン語で「Jesus」と書くべきところを「Lesus」と綴られた。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

専門家は、将来高くなると言うことで、1握りのコインを先を争って掴みに行ったと報告している。

誤植が気づかれる前に、イタリアのミント(Italian mint)によって金、銀および銅で刻印された。

フランシス法王が刻印されたバチカン・コインやメダルは、世界中ので収集者によって買われている。

BBCの特派員デビット・ウイリー(David Willey)はローマから、数人の収集者が、欠陥のあるメダルの希少価値で富を築句かもしれないと伝えている。

すべての新しいローマ教皇が選ばれ、バチカンに有用な所得源泉を供給するため、新しいメダルは刻印される。
それは、私たちに対応する発言権フランシス法王のリーダーシップの下で専攻科目支出調査を経験している。

誤植に関するニュースは、旅行するように、ソーシャルメディア・ユーザーは、この新しい宗教の図、「Lesus」キリストに関するジョーク「I blame the Lesuits(私はLesuitsを非難する)」一方で別のものは「Let us prey Lesus(私たちを捕獲して、Lesus。)」と飛ばした。

いや、誤植は文化です。

世界的に有名なグーテンベルグの42行詩聖書は、誤植まみれで、グーテンベルグはラテン語が読めたのかということが専門家の中で話題になったこともあり、私の知人はその誤植だけを研究調査している。

マインツのグーテンベルグ博物館の展示してあるなグーテンベルグ42行詩聖書には、多くの人が書き込みをしているが、そのほとんどが誤植に関するものである。中には聖職者にあるまじきジョークまである。

私は研究者だけに許された、特別な観測会でグーテンベルグ博物館のグーテンベルグ42行詩聖書を直接触ってみたが、もの凄い数の書き込みがあった。中には指さしイラストで、とくに面白い表記を紹介していた。

ちなみに、グーテンベルグ博物館のグーテンベルグ42行詩聖書がある部屋は、大きな金庫になっていて、外との扉が完全に閉じないと、グーテンベルグ42行詩聖書のケースは開かなくなっている。
つまり、そのときの観測者は、一旦金庫に閉じ込められることになる。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告