on-the-time.jp

2013年10月11日

平成で最多の病院火災死亡事故が福岡市の「安部整形外科」で発生。

BBC Newsは、2013年10月11日金曜日午前に日本南部の病院で発生した火災は、10人を死亡させたと警察が言ったと紹介した。

警察の発表では、8人の患者および2人の病院従事者が、福岡市の病院「安部整形外科」を襲った炎で死亡した、と警察が言った。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

NHKのニュースによれば、2013年10月11日午前2時20分ごろ、福岡市博多区住吉にある整形外科医院「安部整形外科」が全焼し、入院患者と元院長夫婦の合わせて10人が死亡した。

いずれも65歳以上とみられる男性2人と女性6人の入院患者8人と、3階に住んでいた前の院長の80歳の安部龍秀)と、72歳の妻の百合夫人の2人であった。

この病院は、地上4階、地下1階で、消火に2時間以上かかった。

火災が発生したとき、少なくとも17人が病院にいたと述べている。

警官が、「火の原因はまだ断定されていません。」と言っている。

目撃者は、地元マスコミに「病院の一階は炎で赤く、煙で満たされました。」と伝えた。

「ベッドがあった場所が、燃えているように見えました。」
「私たちは、命を救うために消防中の最善を尽くしました...しかし、それは窮地でした。」
「私たちは、非常に遅い段階で火に関するニュースを受け取りました。また、[スタッフによって]その初期段階中の火に取り組むために試みはありませんでした。」記者会見中に、消防署役人はリポーターに伝えた。
さらに、
「患者...フローを食い止めていたであろう防火戸が開けたままにされたので、多くの煙にさらされました。」...と彼は付け加えた。

「私たちは火災原因調査を始めるでしょう。」

NHKのニュースによれば、医院の関係者によりますと、1階の診察室付近から火が出たということで、警察と消防が出火原因を調べている。

伝えられるところによれば、職員は危篤で何人かのものと共に、少なくとも5人の他の人々が火によって負傷しました。」と言った。

NHKのニュースによれば、入院患者と看護師の5人がけがをしたほか、3人が煙を吸ったいずれも命に別状はないと伝えている。

病院の関係者や通院したことがある近所の人たちによると、1階の正面玄関を入って右側に「処置室」があって、治療器具を温める湯沸かし器のような設備があった。
また、左側にレントゲン室や奥にリハビリ室があり、2階の病棟には、入院患者用の5つの病室のほか、ちゅう房などがあったと言っている。
外から火事を目撃した人は、「1階の処置室の辺りが、最も激しく燃えていた」と話していた。

病院の大規模な火災は過去にも相次いでいて、昭和45年には栃木県佐野市の「秋山会両毛病院」で火事があり、病棟3棟が全焼したほか、17人が死亡、1人がけがをした。
また、昭和48年には、福岡県北九州市の当時の「福岡県済生会八幡病院」で、13人が死亡、3人がけがをする火災が起きるなど、10人以上が死亡する火災は、これまでに合わせて4件起きている。

総務省消防庁によりますと、10人が死亡した今回の火災は、病院の火災による死者としては平成に入って最も多いと伝えている。

太田国土交通大臣は閣議のあとの記者会見で、「重大な火災だと認識している」と述べたうえで、国土交通省として建物の構造などの調査を行うため、担当の職員を現地に派遣したことを明らかにした。
そのうえで太田大臣は「今後、早急に原因を把握し、必要があれば速やかに対応したい」と述べたと報告している。

福岡市博多区住吉の「安部整形外科」のGoogle Earthポインター情報
33°34'52.02"N,130°24'46.89"E
または、
33.581117, 130.413025

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。