on-the-time.jp

2013年10月11日

女性元F1レーサーのデ・ビロタ、ホテルで死体が発見された。

AFPは、フォーミュラワン(F1/Formula One/F1世界選手権)の元テストドライバーで、33歳だったマリア・デ・ビロタ(María de Villota)が2013年10月11日朝、セビリア(Seville)市内のホテルで遺体で発見されたと、警察当局が明らかにしたと報告した。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

当局は、「遺体はセビリア市内のホテルで発見されました。暴行を受けた形跡はありませんでしたが、検視結果を待つ必要があります」とコメントしている。

元F1ドライバーのエミリオ・デ・ビロタ(Emilio de Villota)の娘であるマリア・デ・ビロタは、2012年にマルシャ(Marussia F1 Team)に加入し、F1に挑戦する初めてのスペイン人女性となった。

しかしその4か月後、デ・ビロタはイギリスのケンブリッジシャー(Cambridgeshire)のダックスフォード飛行場(Duxford Aerodrome)で行われたマルシャ(Marussia F1 Team)のテスト走行でクラッシュし、右目を失明した。

デ・ビロタの家族は、彼女のフェイスブック(Facebook)にメッセージを掲載している。

「マリアは私たちのもとを離れていきました。彼女は天使のように天国へ行かなくてはならなかったのです。彼女と私たちに特別な一年半を与えてくれた神様に感謝を捧げます。(Queridos amigos: María se nos ha ido. Tenía que ir al cielo como todos los ángeles. Doy gracias a Dios por el año y medio de más que la dejó entre nosotros. Fdo. Familia Villota)」

女性として自動車競技に挑戦する第一人者となったデ・ビロタの訃報は、モータースポーツ界に衝撃を与えた。
 F1で2度の年間王者に輝いているフェルナンド・アロンソ(Fernando Alonso)は、スペインのスポーツ紙マルカ(Marca)に対し、「ショックだよ。先ほど知ったばかりだから」と語った。
「僕たちは彼女のために祈り、彼女の家族に寄り添わなければならない。マリアは僕たち、そしてモータースポーツの家族全員に愛されていた」

スペイン自動車連盟(Spanish Automobile Federation)のカルロス・ガルシア(Carlos Garcia)会長も哀悼の意を表している。

スペインの国営ラジオ番組でガルシア会長は、「先ほど確認した。それを受け入れることはとても難しい」
「彼女は素晴らしい人物で、誰の手本にでもなれる人だった」と語った。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。