2013-10-10

日本の猿攻撃による犠牲者が、補償を与えられる。

BBC Newsは、共同通信からの情報として、西日本の都市の居住者は、野猿によって攻撃された後に補償を提示されることになっていると報告した。

宮崎県の日向市は18人の犠牲者に、各々に20,000円与えるだろう、と報告した。

オスのニホンザル(Macaque monkeys/マカーク猿)は、2013年09月09日に1.5週間町を脅迫した後に結局捕らえられた。

犠牲者の間で、一人の人は彼の腕と右脚の怪我で20針を必要とした。

彼は、自転車に乗っているときに、後ろから攻撃された。

猿は、2,500人の消防士、警察および有資格ハンターに関係する捜索で空の家で詰め寄られした。

それは捕らえられた直後に、その壁と天井が捜索で破損され、家の所有者は、補償で300,000円与えられました、とAFP通信社が報告した。

「居住者が連続的に脅され、その多くが傷を受けた状況の重要性を考えれば、私たちは、この事件に補償金を供給することに決めた」、市の職員は発言としたとして、共同通信が紹介した。

補償決定は、火曜日に都市の市議会によって満場一致で承認された。

県のWebイト上の猿攻撃警戒体制は今削除された。

しかし、パトロールは一層の危険の場合にそなえ、都市で継続している。

「しかし、私たちは、他の猿が私たちの市民を脅かしているのを見つけませんでした。また、都市は今静かで、正常な状態に返りました。」、と地方公務員が言った。

ニホンザルは、日本で木の茂った斜面に生息地にして、荒野において至る所で一般的であると言っている。

こんなニュースが世界中に流された。

ついでに、宮崎県出身の児童買春犯で、現行犯で捕らえて、日本の警察が逃がし、大阪の比例代表で衆議院議員になった税金泥棒のそのまんま東も捕まえて欲しいものである。