2013年10月09日

ニューヨーク映画祭は、取捨選択的なドキュメンタリー・ミックス。

BBC Newsは、ニューヨーク映画祭(The New York Film Festival)は、ノンフィクション映画の広く変えられたミックスを提示したと報告した。

トム・ブルック(Tom Brook)は、ニューヨーク、ネパールおよびエジプトから3本を考慮した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

ポール・グリーングラス(Paul Greengrass)のキャプテン・フィリップスとベン・スティラー(Captain Phillips and Ben Stiller)の「ウォルターミティーの秘密生活(The Secret Life of Walter Mitty)」のような特作映画は、ニューヨーク映画祭でほとんどのうなりを作成していると言った。

映画だから良いが、真実なら死んでいる。

しかし、一連の革新的なドキュメンタリーは、さらに2週間のプログラムの中で重要な役割を演じた。

フランク・ケラウドレン(Frank Keraudren)とアリソン・ベルク(Allison Berg)のドキュメンタリー「The Dog looks back to New York of thirty years ago(犬が30年前のニューヨークへ見る)」。

それは、ジョン・ボジトビックス(John Wojtowicz)の話で、この人は1972年に銀行強盗をやり損ない、1975年の古典的犬の日午後にアル・パチーノによって描写されて、その後有名になった。

単純であるが、高度にオリジナルの実験の映画マナカマナ(Manakamana)は全く異なる。

監督は、ネパールの寺院まで移動するケーブルカーの内部に、固定カメラを置いた。

映画が尽きるまで、カメラは止らない。
旅行者の乗り降りをただ見る。

多くの批評家および聴衆メンバーが、それが完全に魅惑しているのを見つけた。

しかし、恐らく、フェスティバルの最も話題のドキュメンタリーは「The Square」であった。

それはエジプト-アメリカの映画製作者ジェハネ・ノウジャイム(Jehane Noujaim)によって組み立てられた。
この人は2011年にエジプトの不安に巻き込まれた特定の活動家個人に続き始めた。

トム・ブルックは、この3本の映画すべての後ろのその映画製作者に会った。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告