gaYa広告

2013年10月09日

Alcatel-Lucentの人員削減で、フランスの大統領は、解雇を最小限に要請。

Mobile World Liveは、ロイターによれば、フランスのフランソワ・オランド大統領(French president Francois Hollande)は、アルカテル=ルーセント(Alcatel-Lucent)から提案されたレイオフについて、解雇はどのように国内的に落ち付くかについて、最小限にするべきようにフランスのベンダーに要求すると、自由に発言したと報告した。

「得られる決定のフレームワークの中で、再建計画が、どのようにできるだけ解雇を制限することができるかは検査されるべきです。」オランドは言った。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

フランスのベンダーは、フランス自体で900人を削減すると共に、2015年の終わりまでに会社の72,000人の従業員総数のうち、10,000人の仕事をカットする計画を明らかにした。

フランスの人員削減は2014年中に行われると予測されている。

余剰はそれほどアルカテル=ルーセント戦術のうちの1つで、コストを抑制し、かつ正常な財務基盤に返るために展開している。

斧は、他のところに比較されて、フランスで比較的軽く落ちると予測されている。

その会社は10%と国内的に比較して、グローバルな労働力を14%カットするつもりである。

また、その会社は来年の900の人人員削減とは別に、それは200人の追加のエンジニアおよび専門家を募集すると言っている。

しかし、2015年の終わりまでに、会社は、人事異動あるいはアウトソーシング(フランスの経済への一層の風)を通じてさらなる900人仕事をカットすることができる。

人員削減は、国でのハイテク仕事の保護に対するフランスの懸念を利用した。

オランドのコメントは国の産業大臣アルノー・モンテボーグ(Arnaud Montebourg)によって、
「私たちは、私たちが永遠にエラーの代償を払うことができないので、それを縮小するためにその解雇計画を下方修正してくれるようにアルカテル=ルーセントの管理に依頼した。」と反復された。

携帯電話事業者を始め、通信事業者の再建計画は、今後、世界中で大きな嵐になることだろう。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。