gaYa広告

2013年10月09日

Alcatel-Lucentの人員削減で、フランスの大統領は、解雇を最小限に要請。

Mobile World Liveは、ロイターによれば、フランスのフランソワ・オランド大統領(French president Francois Hollande)は、アルカテル=ルーセント(Alcatel-Lucent)から提案されたレイオフについて、解雇はどのように国内的に落ち付くかについて、最小限にするべきようにフランスのベンダーに要求すると、自由に発言したと報告した。

「得られる決定のフレームワークの中で、再建計画が、どのようにできるだけ解雇を制限することができるかは検査されるべきです。」オランドは言った。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

フランスのベンダーは、フランス自体で900人を削減すると共に、2015年の終わりまでに会社の72,000人の従業員総数のうち、10,000人の仕事をカットする計画を明らかにした。

フランスの人員削減は2014年中に行われると予測されている。

余剰はそれほどアルカテル=ルーセント戦術のうちの1つで、コストを抑制し、かつ正常な財務基盤に返るために展開している。

斧は、他のところに比較されて、フランスで比較的軽く落ちると予測されている。

その会社は10%と国内的に比較して、グローバルな労働力を14%カットするつもりである。

また、その会社は来年の900の人人員削減とは別に、それは200人の追加のエンジニアおよび専門家を募集すると言っている。

しかし、2015年の終わりまでに、会社は、人事異動あるいはアウトソーシング(フランスの経済への一層の風)を通じてさらなる900人仕事をカットすることができる。

人員削減は、国でのハイテク仕事の保護に対するフランスの懸念を利用した。

オランドのコメントは国の産業大臣アルノー・モンテボーグ(Arnaud Montebourg)によって、
「私たちは、私たちが永遠にエラーの代償を払うことができないので、それを縮小するためにその解雇計画を下方修正してくれるようにアルカテル=ルーセントの管理に依頼した。」と反復された。

携帯電話事業者を始め、通信事業者の再建計画は、今後、世界中で大きな嵐になることだろう。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

gaYa広告