on-the-time.jp

2013年10月02日

盲目の中国の反体制の活動家陳光誠は、米国のシンクタンクに加わる。

性とメディア

BBC Newsは、盲目の中国の反体制の活動家陳光誠(陈光诚/Chen Guangcheng)は、有名な男として、米国のシンクタンクであるホワイトスプーン研究所(Witherspoon Institute, a US think-tank)に加わる準備ができていると報告した。

研究所は陳光誠に財政的援助を提供するだろう、と報告書が述べた。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

今年初期まで、注目の活動家は2012中頃からのニューヨーク大学の仲間であった。

昨年、自宅監禁を避けて、北京の米国大使館へ行った時、彼は外交動揺を引き起こした。

彼は、米国へ行くことをその後、認められた。

ホワイトスプーン研究所は、「自由および民主的社会のモラル基礎についての公の理解を増強するために作動する独立した研究センター」と自称している。

さらに、それは、「高等普通教育および共和政体」に委ねられると言った。

それは中絶と同性間結婚に反対している。

「彼が仕事をすることができるところで、私たちは、金融面および住宅に対する責任を実際にとっています。」と研究所の社長ルイ・テレツ(Luis Tellez)がインタビューでロイターに伝えた。

陳光誠は研究所で人権中の有名な男になり、アメリカカトリック大学(Catholic University of America)、および人権と公正のためのラントス財団(Lantos Foundation for Human Rights and Justice)に加入するだろう、とルイ・テレツが付け加えた。

中国のカトリック教会は、バチカンに認められていない。
その国から来た陳光誠が、アメリカカトリック大学に加入する。

陳光誠は、NYUはそれを否定したが、NYUからの彼の逸脱が北京からの「緩まない圧力」によると6月に言った。

NYUは、その時に、大部分の一年陳光誠および家族が米国で、より永久の位置に移行するのを助けるために、陳光誠の共同が続くと常に予想されたと言った。
陳光誠は、2012中頃に米国に着いた。

独学の弁護士は、中国の一人っ子政策の下の強制的な中絶に対してキャンペーンをしたが、交通を中断させて、財産を破損するために2006年に4年間投獄された。

彼は2012年4月の注目の回避まで、2010年に釈放の後に自宅監禁された。

2013-06-14---中国の盲目の活動家陳光誠は、NYUを去る予定。
2013-03-13---破門になった中国のカトリックと、新しい法王。
2012-05-02---中国の盲目の活動家、米国大使館を出発!
2010-11-24---バチカン市国は新しい中国司教を破門にした。
1900-06-21---清政府が列強8カ国に対し、宣戦布告した。
1900-06-13---「義和団」が北京内城に入城。
1890-08-08---四川省で仇教事件「大足教案」が、光緒16年6月23日に発生した。
1881-07-13---地元市民と米国教会が対立する「済南教案」が起こった。
1870-06-21---カトリック教会を襲撃した「天津教案」が発生した。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。