2013年09月18日

インドで恋に落ちることの代償。「名誉殺人」

BBC Newsは2013年09月20日に、若いカップルの彼らは結婚することを計画していた。しかし、水曜日にインドのハリヤナ(Haryana)で、残酷な状態で殺害されたと報告した。

それはインドの首都デリーから、100km未満の村であった。

警察は「名誉犯罪(honour crime)」としてその事件を扱っている。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

BBCの特派員ズバイル・アフマッド(Zubair Ahmed)は、その事件が起こったロータク地区(Rohtak district)の村を訪れたと報告している。

申し立てによると、すべてが男性であった約24人の冷酷な顔の人々が、待ち伏せした群衆によって殴り殺された若い女性の身体を火葬するので待っていた。

ズバイル・アフマッドが村に到着する1時間前に、同じグループは女性のボーイフレンドの火葬のために積まれた薪に火を付けた。

申し立てによると、彼は同じ人々によって殺害された。
また、警官は、彼の「手は遮断され、脚も切られ、身体から頭が切り離された。」と言った。

また、すぐに、2つの火葬の薪は並んで燃えていた。

女性と、その人の家族は、殺害されたカップルの最後の秘跡をともに伴った。

申し立てによると、23歳のダツメンダー・バラク(Dharmender Barak)と、20歳のニドヒ・バラク(Nidhi Barak)は、北部のハリヤナ州のガルナウシ村(Garnauthi village in the northern state of Haryana)でニドヒの家族のメンバーによって水曜の夜に殺された。

最初に、ニドヒ・バラクは殴り殺された。
次に、ダツメンダー・バラクは生きたまま、バラバラされた。

ニドヒ・バラクの親とおじが逮捕された。
4番目の運転手の村民も保持された。

警察は、「名誉犯罪」として彼らが2人の殺しをやっていると言った。

木曜日の葬式で、ズバイル・アフマッドは、火葬で出席しているその人たちの顔の上の後悔あるいは罪を探索していた。
しかし、そのようなものは何もなかった。

「誰が自分の子どもを殺したいですか?」

「しかし、不足したどんな神も起こりました。」とニドヒ・バラクの関係者は言った。

ニドヒ・バラクのおじが当惑したように見えたとともに、あるいは身元を明かした人は、さらに当惑した。

ズバイル・アフマッドがなぜ2人の若い人々がそれほど残酷に殺害されたか説明してくれるように彼に依頼した時、速く怒って満たされた彼の目と彼の返答は承認するうなずきに遭遇した。

恋に落ちないために、他の若者および女性に対する手本として、
「それらに行われたことは、するべきことでした。私たちは例を示さなければなりませんでした。」と言った。

「私たちの文化は都市のようではありません。」
「ここでは、私たちの女性はカーテンの後ろに生きています。」と群衆の中の若者が言った。

「村はここで情事を承認しません。それらは同じカーストからで、同じ村の同じレーンに住んでいた。」と、別のものは言った。

男性と女性は同じジェート・コミュニティーに属し、それらを兄弟姉妹にしたのと同じゴトラ(gotra/サブカースト)を共有した、ということを彼が丁寧に説明した。

ズバイル・アフマッドは、誰かが異なる視界を持っていたかどうか調査するために一連の村を尋ねて歩いた。

ズバイル・アフマッドは1人も異なる視界を持っていル人を見つけられなかった。

近隣の村は殺害をまた承認した。

彼らはすべて、これが「それらの値を弱める」とともに、若者と女性が恋に落ちることを可能にしないだろうと言った。

都市のインドと、恋に落ちることが禁制(falling in love is taboo)の田舎のインドの古く従来の値との矛盾。「退廃的な西部地域」文化のあるスポークであった。

インドには名誉殺人の本物の図はないことになっている。
しかし、そのような発生は珍しくない。

専門家は、彼らがパキスタンとアフガニスタンでほど、頻繁ではないと言った。
しかし、それらはインド北部で起こっている。

デリーへ運転している間、ズバイル・アフマッドは若いカップルが都市の広い道路で、オートバイに乗るのを見た。

女性は、その人を堅く捕まえていた。

誰もさらにそれらに気づかなかった。

しかし、これはダツメンダー・バラクニドヒ・バラクが殺害された村では、法外な行為になる。

デリーと村の間の距離は100km未満(62マイル)である。

しかし、値と考え方の中の割れ目ははるかに深いといっている。

じつは、明治時代には、日本にもあった。
日本の場合は、年貢が、そこの住民の数によって分割されるが、駆け落ちされると、その分が村民の背中にのしかかることから、自由に村から出さないために、禁止されていた。

北部のハリヤナ州のガルナウシ村(Garnauthi village in the northern state of Haryana)のGoogle Earthポインター情報
28°49'3.44"N,76°33'50.38"E
または、
28.817622, 76.563994

2013-03-16---パキスタンで、アシャラフ政府は民主主義の歴史を作る。
2012-03-22---パキスタンで、900人以上の女性が合法名誉殺人で殺された!
2011-06-08---インドの名誉殺人で、10人に死刑を宣告!
2011-05-10---インドの最高裁、「名誉殺人」は死刑!?
2010-11-24---駆け落ちを恐れ、北インドで未婚の女性携帯電話禁止!
2005-04-27---携帯電話待ち受け画面の彼女、殺害する事件が起こった。
2005-04-27---携帯電話名誉殺人事件。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。