on-the-time.jp

2013年09月20日

米国のモバイルを利用した支払いは、まだ3%。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、Aiteグループ(Aite Group)からの研究調査として、米国では2013年に約US$3兆8000億を費やすが、その3%、すなわちUS$1140億だけをモバイルを利用して支払われたと報告した。

米国では今後、携帯電話を利用したペイメントがさらにポピュラーになることが予測されるが、オンラインおよび口座引き落としなど、他の支払形式は非常にまだ多く、最も恵まれたオプションのままであると述べている。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

支払いでは、オンラインが現状ではもっともポピュラーで、45.8%を占め、続いてメールによる21%、口座引き落としによる16.8%、本人に直接支払うのが9.3%、電話が4.1%と、2013年の今後は後続すると予測している。

しかし、モバイル・ペイメントは2010年に0.3%で、増加しているが、その間にメールと本人の支払いは激減している。

Aiteグループは、メール支払いが2010年の34%から下降して、2016年に15.4%になるだろうと推測している。

本人への直接支払いは、2010年の14.6%から下降して、2016年に6.7%になるだろうと推測している。

オンライン、モバイルペイメントおよび口座引き落とし支払いはその間に、上昇中している。

プロジェクトAiteは、オンライン、モバイルペイメントおよび口座引き落としは、55%になり、オンラインが48.7%、モバイルは5.9%のシェアを確保すると予測している。

ここで面白いのが、2016年になっても、米国はまだまだクレジットカードやデビットカードの概念が強く、モバイル・マネーの意識が低い、後進国であったと言うことである。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

gaYa広告