2013年09月18日

Googleは、新しいウォレット・リバイバルに期待している。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、Googleは、P2P金銭取引(P2P money transactions,)、ロイヤルティーカード(loyalty cards)および格納された提示を含む、多くの新しい特徴を備えた財布アプリ(wallet app)の強化を試みたと報告した。

探索の大手Googleは、今週、Google Walletの製品管理者であるピーター・ハズルフルスト(Peter Hazlehurst, director, product management, Google Wallet)によるブログによって、米国でアンドロイド電話(Android phones)バージョン2.3上で新バージョンを導入すると報告した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

Google Wallet.ユーザーは、彼らの銀行口座にリンクしたウォレット・バランス(Wallet balance, a linked bank account)、およびクレジット(credit)またはデビット・カード(debit card)を使用して、料金はカードからのトランスファーに当てはまる。もしそれらが18歳以上ならば、電子メール・アドレスを備えた米国で誰のもとへでも金銭を送るためにスマートフォンを使用することができる。

ユーザーは、さらにバーコードの走査かカード番号の入力によりロイヤルティーカードを財布に加えることができ、承認済みの店内で、ユーザーは、ロイヤリティ・ポイントを加えるためにチェックアウトで彼らの送受話器を走査することになる。

アプリは、さらにGoogleに基づいた提示にユーザー・アクセス権を与える。

チェックアウトにある場合、それらはGoogleマップの提示を救うか、あるいはサーチでGoogle検索するか、Google+を検索するか、オファーをGoogleで検索することができる。

さらに、ユーザーは、Valpakのようなある商人およびクーポン券配付サイト上に提示を保存することができる。

ユーザーは、ユーザーのより広い基礎への訴えを非常に潜在的に広げて、Google Walletの最新バージョンの中で追加の特徴を利用するためにNFC対応の送受話器を必要としないと、WSJ(Wall Street Journal/ウォール・ストリート・ジャーナル)が指摘した。

しかし、ユーザーは、まだwallet appでPOSシステムで支払をする、NFCの能力を必要とする。

ポリシーに、一貫性がないようにも感じる。

さらにここでも、その利用料金が大きなテーマになる。
自分のお金で支払うのに、どれだけさらに多くお金を要求されるかと言うことである。
それに気が付かないのは、馬鹿な先進国の人だけであり、国際的なGoogleのような会社は、先進国だけを対象にしたサービスを展開することは、馬鹿げていると笑いものになることだろう。

WSJは、さらにGoogle Walletは、NFCを欠く、iPhone用にiOSバージョンを準備していることを最新版が意味するかもしれないことを示唆した。

他のものは、付加的な忠実特徴をApple’s Passbookと一致する試みと見なした。

しかし、アップルは世界中がNFCで話題になっている中で、GigaOmによれば、iOS7の今週のアップルの着手は、店に入る場合に小売り業者が買物客を対象とすることを可能にする、ロケーションベースのサービス「iBeacon」と呼ばれる新しい特徴を含んでいると報告した。

2013-09-16---アップルは買物客を対象に、Bluetoothを使用する「iBeacon」。
2013-08-15---Bitcoinのアンドロイド財布には脆弱であると後援者は言った。
2013-08-12---Googleは、モバイル財布でNFCによるギフトとロイヤリティカードを終了。
2013-08-01---マスターカードのCEO、NFCは12-18カ月より長期的な努力の必要性。
2013-07-12---Googleとアップルの関係が、良くなっている!
2013-06-20---なぜモバイル・ペイメントは離陸の用意を整えるのか?
2013-06-05---NFCモバイル財布サービス用のインフラストラクチャーが躍進。
2013-06-04---モバイル・ペイメントがブームになり始めた。
2013-06-04---モバイル・ペイメントの取引額は2013年にUS$2350億をしのいだ!
2013-05-20---Tabbedout、グーグル財布をアンドロイドのアプリに加えた。
2013-05-13---Googleウォレットの高いハードル。
2013-05-13---Google、クレジットカード計画を廃棄、または延期。
2013-05-09---Google財布のチーフが辞任。
2013-05-01---マスターカードのCEO、「デジタル財布」に関する「間違った雑音」
2013-04-11---セキュリティの問題を積み残したまま、モバイル・バンキングAppは増加。
2013-03-28---G&Dはモバイル財布でテレフォニカ・ドイツと仕事をしている。
2013-03-25---Citiが、Google Walletから学習したもの。
2012-02-12---セキュリティ問題が指摘されていた「グーグル財布」使用を停止!
2011-12-09---「グーグル財布」をロンドン2012オリンピックで実験!
2011-12-06---ベライゾン・ワイヤレス、Google Walletをブロック!
2011-11-23---モバイル財布戦争中に、GoogleとAppleがMNOの協力を強要。
2011-09-20---Visaは、GoogleにNFCペイメント技術の世界ライセンスを与えた!
2011-09-15---米国デパートは無料Wi-Fiサービスでグーグル・ペイメント実験!
2011-05-27---PayPalは、Googleモバイル財布を起訴!
2011-05-26---Googleが、モバイル・ペイメント戦略を発表。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。