2013-09-16

ウズベキスタンは、「もし彼らが新聞を買わなければ、子どもの教科書がもらえない。」

BBC Newsは、国営の新聞を予約購読しない場合、ウズベキスタン(Uzbekistan)のいくつかの学校での子どもは教科書を与えられない、ように報告書が主張していると報告した。

伝えられるところによれば、生徒は、政府の官庁機関誌村プラウダ(The Village Pravda)と東洋のプラウダ(The Oriental Pravda)のようなタイトルを買うように命じられた。

新聞の名前は、プラウダ日刊新聞が共産党の公式の吹き口だったソ連の時代に立ち戻った。

agency 12 Newsによれば、その動きは、地方行政からの注文に応じて起こるように見えたと伝えている。
それは、新聞の何百ものコピーが学校と大学で売られることを要求します。

「受信料を最初に払って、その¥後で教科書を得てください。」とそれは言っている。

メディア自由監視団体国境なき記者団(Reporters without Borders)によれば、ウズベキスタンは、世界のほとんどのしっかりと抑制されたメディア環境のうちの1つを持っており、「ジャーナリストのための悪夢」のままであると言っている。

公式宣伝を予約することはウズベクの子どもがしなければならない最悪のことではないかもしれない。

タシケント(Tashken)の政府は、運動組織ヒューマン・ライツ・ウォッチによって、ウズベキスタンのための主要輸出品綿を取ることを9歳ほど幼い子どもに強いたことで非難された。

あきれかえるような無茶苦茶な国。