2013-09-17

中国は、アプリ・ホワイトリストを備えたモバイル・マルウェアに取り組む。

Mobile World Liveは、中国の政府組織は、ChinaTechNews.comからの報告書として、犯罪者がアプリ店(app stores)から移動することが分かったことから、モバイル・アプリケーションのための「ホワイトリスト(whitelist)」規則の設計図「移动互联网应用自律白名单规范」を書いたと報告した。

さらに、それらはモバイル・マルウェアのための「ブラックリスト」を詳述するガイドラインは、中国MIIT(Ministry of Industry and Information Technology/産業省情報技術)の一部CNCERT(National Computer Network Emergency Response Technical Team Coordination Center/国家互联网应急中心/全国コンピューター・ネットワーク危機対応テクニカル・チーム・コーディネーション・センター)によって「移动互联网应用自律白名单规范」が書かれた。

その提案は、大衆がアプリ店および個々のタイトル内に、それらが遭遇するセキュリティ問題を報告するためにチャンネルの生成を含んでいる。

妨害のために報告されるホワイトリストに載った会社は、リストから追い出され、問題が十分に重大ならば、永久に禁止される。

オペレーター、警備保障会社およびアプリ店は、ブラックリストに基づいて、悪いソフトウェアを閉鎖することができる。

CNCERTの国家互联网应急中心运行部主任、网络与信息安全工作委员会秘书长長官王明华(Wang Minghua)は、国が率先してモバイルのマルウェアを除去しなければならないとChinaTechNews.comに伝えた。

約700万のアプリケーションで、ユーザーが問題を報告する手段を提供する、34のアプリ店でテストされた。

既にホワイトリスト上の会社は腾讯、百度、金山、360、网秦、安管佳、联想、趋势科技、恒安嘉新、瑞星、安天などを含んでいる。