2013-09-17

スティーヴン・ホーキングは自殺幇助に関して自由に発言。

BBC Newsは、イギリスの宇宙論教授スティーヴン・ホーキング(UK cosmologist Prof Stephen Hawking)は、彼が末期疾患を持った人々のための自殺幇助(assisted suicide)についての概念を支持すると公に言ったと報告した。

BBCとのインタビューでは、彼は、
「私たちは動物を苦しませません。なぜ人間はそうではないのですか?」
「希望が常にある」と言って、過去にその考えに関して、進歩的な条件運動ニューロン疾患を持っているホーキング教授は、それほど率直ではなかった。

しかし、彼は、乱用を防ぐ保護手段があるに違いないと強調した。

ホーキング教授自身、彼の妻が与えられた生命維持装置の上に以前スイッチを切るオプションに置かれた。

死にたいことを望む人々の家族が、遂行の恐れなしで支援することができるに違いないかどうか尋ねられた時ホーキング教授は「yes.」と答えた。

しかし、彼は、
「真に心配していた人が望む保護手段があるに違いありません。彼らの生活を終了する。また、それらはそれへ気圧調節されていないか、あるいは知識なしでそれを行います。あるいは、私の場合になっていたであろうように、それらは同意します。」と言った

71歳のホーキング教授は、世界で最も有名な科学者のうちの1人である。

彼の学術的な賞賛に加えて、ホーキング教授は、彼が1964年に、最初の妻ジェーン(Jane)と結婚した時、運動ニューロン疾患および生きるために2年と与えられ、分析された後に、生命に順応することを学んだ。

彼が持っているALS(amyotrophic lateral sclerosis筋萎縮性側索硬化症)あるいはルー・ゲーリッグ病(Lou Gehrig's disease)と呼ばれる状態で、MNDの形式を持った人々の5%だけが、診断の後に10年間以上生き残った。

2013-05-21---ノートルダム850周年に、大聖堂内で自殺!?
2013-01-14---自殺したアーロン・シュオーツの調査はMITによって命じられた。
2012-08-22---尊厳死を望んだトニー・ニックリンソンは、食物を拒絶して死んだ!
2012-08-20---子供を殺し、自殺しようとした女性を救出!
2012-08-19---ハリウッド監督トニー・スコットは、橋から飛び降りて死んだ!
2012-08-16---エルトン・ジョン卿は、彼のバス・ギタリストの死で衝撃!
2012-06-19---閉じ込められた人の「苦痛と侮辱の生活」
2012-03-07---誰にも言えない秘密を引き取って、一般公開するサイトが人気!
2012-01-23---有罪と判決された元TVタレントの小児愛者、独房で首を吊って自殺!
2011-06-03---「Dr. Death」と呼ばれたジャック・キボキアン博士が死去した。
2011-05-15---スイスのチューリッヒの投票で自殺幇助合法化。
2008-12-10---イギリスのTV番組、自殺幇助で大騒ぎ!
2008-08-01---「自殺サイト(suicide sites)」で走り回っているイギリスの大臣達!
1976-03-31---米国で最高裁判所が尊厳死を認めた。
1926-08-20---「鬼熊事件」の犯人が山林に逃走した。