2013-09-17

バークレーズは誤りを犯し、少なくとも300,000人の借り手に払戻。

モバイル・マネー

BBC Newsは、書類事務上の誤りを犯したバークレーズ銀行(Barclays Bank)は、少なくとも300,000人の個人ローン顧客に払い戻すことを予定していると報告した。

誤りがローン書類事務の中で犯される場合、支払利子もすべて返されるに違いない。

エラーは、2008年10月の日付がある£1億に関してバークレーズが払戻を要すると予想されている。

銀行は、来月から影響を受けた顧客と連絡をとり始めるだろうと言った。

金融業にとって信用が第一であり、Cellular-Newsは2013年07月22日に、銀行が先頭に立つ場合に、買物客はモバイルで自発的に買うといっていたが、被害者は完全に、どこまでそれが実施されたか?確認できるのだろうか?

バークレーズ銀行は、バークレーカードのようなビジネスの他の部分で同様の誤りが犯されたかどうか調査している。

ステートメントと延滞金中のエラー、通知は銀行の2月の年間成績で言及され、それが報告した時「小売りおよびビジネス銀行業務からの収入は、主として顧客に不正確に適用された歴史上の利子賦課を改善するために得られた条件により£10億8600万に4%傾きました。」と報告した。
より多くの詳細が、投資者から新しい資本の£58億を上げるその試みの一部として銀行が消した趣意書の中で月曜日に与えられた。

ステートメントで、バークレーズは、
「誰もmi売られていない一方、顧客は債務利払いを返す資格があります。」
「それらがかつて契約上期待された以上に、顧客は払わないでしょう。」
エラーはNorthern Rock Asset Managementによって起こったことに似ている。
それは、書類事務中の誤りの結果152,000人の借り手によってそれが支払利子を返すだろうと昨年発表した。

さらに月曜の趣意書の中で、バークレーズが、1つの、カターの投資者とのその2008年の投資取り引きに対するFCAFinancial Conduct Authority/金融行為権限)からの£5000万に直面しているというニュースだった。

FCAは秘密に£3億2200万に一致したことで、前の株式発行のそれらの支援を獲得する投資者への支払いの価値で、カタールの国有の投資権威の一部カタール・ホールディング(Qatar Holding)によって2008年に取り上げられた£50億上で銀行を非難した。

その問題は銀行のための問題のカタログにおいて最新で、ミスで売られた顧客に賠償するときにするLiborを操作することを試みることに対する罰金中の£29000万の合計を払うことに上昇した。

ミス売られた支払い保護保険であった顧客に補償するために£26億をとっておくことで、
金利に対して彼らに保険をかけるミス売られた製品であった企業に補償するために£85000万をとっておくことで上昇する。

つまり、Liborスキャンダルが、浮上した。

2013-07-29---困難から利益を得ること。モバイル・バンキング!
2013-07-22---銀行が先頭に立つ場合に、買物客はモバイルで自発的に買う!
2013-07-17---バークレーズと米国エネルギー・トレーダーに、罰金US$4億5300万。
2013-07-09---NYSEは、Liborスキャンダルに打たれた銀行利子レートを管理。
2013-06-07---スイスの銀行UBS,フランスで脱税について調査中!
2013-02-12---イギリスの大手銀行バークレーズは、3,700人の解雇を発表。
2013-01-04---スイスで最も古い銀行は、米国脱税の後に倒産した。
2012-12-20---スイスのUBS、香港調査に直面!海外銀行の金融やくざえを追え!
2012-12-19---スイスのUBS、LiborスキャンダルでUS$15億の罰金!
2012-12-13---ユーロ圏の銀行は、セントラル銀行の直接の監督の下に入る。
2012-12-11---HSBC、米国でのマネーローンダリング罪で史上最大、罰金US$19億!
2012-12-11---グローバルな銀行業務スキャンダルを誰が監視しているか。
2012-12-11---誰が銀行の罪の代価を払うのか?馬鹿げているが、それは、あなたです!
2012-12-11---アメリカ人の大多数は、カードと現金をスマートフォン支払いに交換。
2012-12-11---米国でモバイル・バンキングは急上昇、2011年以来50%増加。
2012-12-06---スコットランドの独立、ジョン・スウィンニーは、EU再志願報告を拒否。
2012-11-26---トレーダーKweku Adoboliの暴走事件で、UBSに£2,970万の罰金!
2012-11-24---イギリスでも脱税者に総攻撃を本格化!
2012-11-23---ドイツ議会は、スイスの租税条約を閉鎖!
2012-11-20---世界中で、節税という脱税を許さなくなっている。
2012-11-12---スターバックス、Google、Amazonはヨーロッパで租税回避!
2012-11-09---Citi Groupを実質上倒産に追い込んで解雇されたCEOの退職金US$1500万。
2012-11-07---ダウ、ナスダック共に、1年ぶり下げ幅。CITI groupも急落。
2012-11-01---スイスの銀行口座を持った2,000人のギリシャ人の名前公開は不法か合法か。
2012-10-24---アマゾンは、電子ブック販売の節税を剥ぎ取られた!
2012-10-16---シティ・グループの最高経営責任者、社長兼最高執行責任者辞任!
2012-10-03---イランは、通貨落下を止める手段を締めた。
2012-09-25---イギリスの銀行は、融資のために資金提供する新しいスキームに署名。
2012-08-15---Standard Charteredは、米国での解決で、株価を回復。
2012-08-15---米国で呼び出された7つの銀行のLiborスキャンダル!
2012-08-12---銀行バークレーズの議長デービッド・ウォーカー候は変更を約束。
2012-08-08---米国の法律に、非米国会社はどのように影響されるか!?
2012-07-30---ヨーロッパ最大のHSBCは、ミス販売とマネーローンダリングで利益を高騰!
2012-07-25---HSBC、メキシコ麻薬マネーローンダリングで罰金US$2,750万。
2012-07-22---世界のスーパー金持ち用脱税「隠し金山」を発見!
2012-07-17---ヨーロッパ最大銀行HSBC、麻薬マネーローンダリングを許可!
2012-07-16---HSBCは裁判所に、本部の抗議者を立ち退かるように依頼!
2012-07-03---イングランド銀行は、「ダイアモンドをゆっくり動かした。」
2012-06-27---バークレーズ銀行、主要取引先銀行レート詐欺操作で罰金。
2012-06-22---ムーディーズは、大手15銀行を格下げ!
2012-06-22---米国を中心としたドル市場の崩壊。
2012-03-13---GoogleとAppleからの脅威にさらされるイギリスの大手銀行。
2011-07-25---米国の資金は、タリバンに流れていた!?