2013-09-16

E-プラスの販売を通じて税制法案を明るくするKPNは、価値を増加。

Mobile World Liveは、KPNは、メキシコのカルロス・スリム(Carlos Slim)のAmerica Móvil,からの€72億の公開買付けを前提として、テレフォニカ(Telefónica)にEプラス・ドイツ(E-Plus German)の事業の販売を完了するという仮定に関して、€37億の損失を予約するために、今日、オランダの権威者との契約を発表したと報告した。

損失は、2014年に始まって、オランダ人のオペレーターの課税所得を相殺して、おそらくKPNをメキシコの大物のより魅力的な目標とした。

KPNの30%をすでに所有している複雑なスリーウェイ・サガのAmerica Móvilは、残りの資産を得るために交渉中であるが、KPN財団(KPN Foundation)から抵抗に直面した。

一方、America Móvilの後E-Plusのその提案の上に最近ぶつけられるテレフォニカは、低い価格で進んでいる取引を妨害すると脅迫した。

ファイナンシャル・タイムズ(Financial Times)によって引合いに出されるKPNの最高責任者エールコ・ブローク(Eelco Blok, KPN's chief executive)は、税取引について驚きもしないが上向きであった。

彼は「オランダ税務当局との一致に達したことは、来たるべきに年我々の税位置について確実性を与えます。」
「KPNがオランダでのその事業と最新技術に投資し続けることは、もう一つの重要なステップです。」と、言った。

ブルームバーグ(Bloomberg)の情報筋によると、それも調整承認を得ると思っているとき、今週とすぐに、America Móvilは正式にKPNのその提案を提出する予定である。

しかし、KPN財団と同様に、America Móvilは、外国の会社による乗っ取りには、国家の安全への少しの逆含みもないことをオランダ政府にも納得させなければならない。

木曜日に、オランダ人の経済情勢担当大臣ヘンク・カンプ(Henk Kamp, the Dutch minister of economic)は、政府がKPN所有の変化で公共利益を保証するさらなる拘束力のある協定を求めると言って、議会に、手紙を2013年09月12日送った。

ヘンク・カンプは、政府機関によって使われるKPNサービスだけでなく、KPNの基盤と非常サービス通信システムの重要性に言及した。

政府大臣が、原則として、これらの利益が現在の規則によって保護される間、彼は、処置が適所に十分だったか、改善されることができたかどうか見るために、研究を運営すると言った。

単純だったことが、どんどん複雑になっている。

2013-08-27---テレフォニカの甘くなったE-Plusの企ては、America Moviにl支援を得た。
2013-08-21---メキシコのAmérica Móvilは、KPNの買収で資金を調達。
2012-06-22---KPNは、ドイツ子会社売却計画を中止し、ベルギーの子会社を売却した。
2012-06-21---KPN、ドイツ子会社売却計画をキャンセル!