2013-09-12

ノキアは、言語ウルドゥ語をサポートした携帯電話を発表。

Cellular-Newsは、ノキアは、携帯電話ノキア114でウルドゥ語(Urdu language)言語を初めて支援して発売すると報告した。

ノキアは今、11のインドの言語で地方言語コンテンツを支援している。
ヒンディー語(Hindi)、マラヤーラム語 (Malayalam)、タミール語(Tamil)、テルグ語(Telugu)、カナラ語(Kannada)、グジャラート語(Gujarati)、ベンガル人(Bengali)、オーリヤ語(Oriya)、アッサム人(Assamese)、パンジャブ語(Punjabi)およびマラーティ(Marathi)。

以前、インドにはどれだけの言語があり、文字の種類があるのかと思い、インドの書店で紹介された本を購入したことがあり、時代を遡ると、膨大な数で、この11のインドの言語は代表的として、紙幣に印刷されている言語であることが判った。

インドの言語は、大切である。
パソコンのときのキーボードを見て、唖然とした。

ノキア・インド常務取締役Pバラジ(P.Balaji)は、「我が国は地方多様性を与えられて、地方言語で通信する能力は、私たちの消費者中の重要な期待として考えられて来ました」と着手に関してコメントとして言った。

新しいノキア114は、クラウドの中のWebサイトの圧縮により、ユーザーが90%以内によってより少ないデータを消費することを可能にする、クラウドで加速されたノキアXpressブラウザを提示している。

携帯電話は永続的な電池寿命で10時間以上の通話時間と、ほぼ1か月のスタンバイを供給するために最適化された。

ノキア114は、ユーザーがそれらのバッテリーを取り除く必要がないし、それらの電話を切る必要なしに、SIMの間で切り替わることを可能にする2重SIM携帯電話である。

容易なスワップ技術は5つまでの異なるSIMカードを個別化し思い出すことができる。

ウルドゥ語能力を持ったノキア114はRs. 2,579と値づけされた。