2013-09-16

日本は、最後に残された大飯の原子炉を停止させる。

BBC Newsは2013年09月15日に、日本は再始動の予定表なしで、最後の機能していた原子炉をシャットダウンしていると報告した。

西日本の大飯のリアクター4は2013年09月16日月曜日の午前に電気を起こすことをやめる。

アナリストは、日本が12月まで原子力がないだろうと言い、最も初期で最長の原子炉は、1960年代以来シャット・ダウンされた。

日本の大衆は2011年に福島プラントで炉心溶解の後に原子力に敵対した。

巨大地震と津波によって引き起こされた事故の前に、原子力発電所は、日本の電力の約30%を供給した。

しかし、その時以来、原子炉は定期保守のために、あるいは安全の恐れのために、閉まっており再開されていない。

日本は昨年5月と6月に原子力なしであった。
しかし、東京電力は大飯のリアクターを再開することを認められた。

政府は公の恐れを和らげる安全基準を強化するように圧力をかけられている。

アナリストは、すべてから再始動が含まれる安全点検と法的障害を取り除くのに6カ月ごろかかるだろうと言った。

これまでのところ、電力会社は日本の50のリアクターから約1ダース再開するために申し込んだ。

それらが経済を好転させる彼の計画の生命にかかわる部分であるので、安倍晋三首相はオン・ラインでリアクターを見たい。

福島災害以来、日本は、巨大な量の石炭、液体天然ガスおよび他の燃料を輸入することを強いられた。

安倍晋三の政府は2011年以来、日本によって記入された巨大な貿易赤字のためにこれらの輸入品を非難した。

平均家庭の電気料金はそれ以来30%上昇し、福島、消費者支出を増額する政府の試みをへこませた。
しかし、福島プラントの持続的な問題は、核のことへのリターンのための公的支援を勝ち取る政府の試みを妨げた。

最新の後退で東京電力は、被害を受けた原子炉建屋によって洗い流された水を格納するために使用されるタンクのまわりで放射能レベルが上昇したと今月の初めに言った。

東京電力は、高度に、汚染水が貯蔵タンクから漏れたと以前に言った。

東京電力のような管理能力、責任能力のない人が会社役員や社長をしていたことが、表面化している。

今や東京電力の言っていることが、すべて上面の言葉に聞こえてくることだろう。

さらに、東京電力に代わって、文部科学省が原発推進は担っている。
しかし、どうすれば安全かが判らず、宣伝用団体に資金提供して、推進しようとしている。

こんな非科学的な発想の経営者や官僚主義は、排除しないと日本の未来はない。

大飯の原子炉のGoogle Earthポインター情報
35°32'26.03"N,135°39'7.26"E
または、
35.540564, 135.652017